子供の寝相が悪い理由は? 体勢によってストレスや病気が関係してる?

子供の寝相が悪いのはなんで?

子供の寝相が悪いのはなんで?
子供の寝相が悪いのには理由があります。寝相が悪いのは、しっかりと休めている証拠なので、子供の寝相の悪さが心配でも、寝相がよくなるように矯正する必要はありませんよ。子供の寝相が悪い理由を詳しくご紹介します。

深い眠りで休息している時間が長いから

深い眠りで休息している時間が長いから
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。子供の寝相が悪いのは、「徐波睡眠(じょはすいみん)」と呼ばれるノンレム睡眠の中でも特に深い眠りの時間が、大人よりも長いためです。徐波睡眠では大脳が休息状態となるので、体の位置を認識して姿勢を制御することが難しくなり、寝相が悪くなってしまうのです

睡眠全体に占める徐波睡眠の割合は、20歳の成人の場合平均20%であるのに対し、5歳の子供の場合は平均約25%なので、寝相が悪くなりやすい徐波睡眠が長い子供は、寝相が悪くなるというわけです。

寝返りで体温調整をしているから

寝返りで体温調整をしているから
寝相の悪さにつながる寝返りですが、実は人間の体にとって重要な役割を果たしています。寝返りには、寝ている間の血液やリンパ液などの体液を循環させる働きや、一日中頭を支えていた筋肉や骨を休ませ体の歪みを整える働きがあります

また、徐波睡眠に入ると、脳と体を休ませるためにたくさん発汗し、体温が急速に下がっていきます。発汗すると寝具の中の温度や湿度が高くなるため、寝具の中を適度な温度と湿度に調節するために無意識に寝返りが増え、これもまた寝相の悪さの原因となるのです。子供の寝相が悪いのは、大脳がしっかりと休み、体の休息や調節がきちんと行われている証拠とも言えるでしょう。そのため、子供の寝相が悪くても、無理に矯正しようとしなくても大丈夫です。

赤ちゃんの体温が高いけど大丈夫? 平熱と発熱の目安
赤ちゃんの体温が高いけど大丈夫? 平熱と発熱の目安
赤ちゃんの体温は大人よりも高く、一見「熱かな?」と思える体温でも実はそれが「平熱」だったということは少なくありません。赤ちゃんの場合「熱=病気」とは言えません。赤ちゃんの体温についてご紹介します!
新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安
新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安
新生児は平熱が高く、37度を超えることも珍しくありません。また、赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、測る時間・場所によっても体温は大きく変わってしまいます。赤ちゃんの体温の特徴やどのくらいの熱だと要注意なのか、赤ちゃんの「体温」について解説します。

夏は特に子供の寝相が悪くなる?

夏は特に子供の寝相が悪くなる?
寝ている間に発汗すると、寝具内の温湿度調節のために寝相が悪くなるのは先程説明したとおりですが、気温が高く汗をかきやすい夏は、特に寝返りの回数が増えて寝相がいっそう悪くなります

寝ている間の子供の発汗量は、夏場は約500ml〜1000mlにもなり、冬場の約300ml〜500mlに対して2倍ほども多いのです。湿って蒸れた寝具の温湿度を調節するために、冬場よりも夏場の方が、寝返りが増えて寝相が悪くなるのは納得ですね。逆に寝返りしづらい環境で子供を寝かせると、寝苦しく睡眠の質が悪くなってしまうので、就寝中十分に寝返りできる環境を整えてあげましょう。

子供用のおねしょシーツのおすすめ5選! 選び方や便利アイテムなども紹介
子供用のおねしょシーツのおすすめ5選! 選び方や便利アイテムなども紹介
シーツを頻繁に洗濯するのは大変なのに、忙しい朝に限って子供のおねしょでぐったりした経験があるママも多いでしょうか? おねしょシーツはそんなママにはおすすめのアイテムです! おねしょシーツの選び方やおすすめ、おねしょ対策アイテムなどをご紹介します。

体を丸めて眠る「胎児型」はストレスを抱えている証拠?

体を丸めて眠る「胎児型」はストレスを抱えている証拠?
子供の寝相のうち、横向きで胎児のように膝を曲げ体を抱え込むように丸まって寝ている場合(「胎児型」)は、子供が何かしらにストレスを感じているおそれがあります。胎児型は警戒心の現れで、防御的な姿勢です。子供が胎児型で寝るような場合は、子供の日常にストレスとなるものがないか、注意して様子を観察してあげてください。

胎児型に似ていても、横向きの状態で足を伸ばしている体勢なら心配はいりません。また、胎児型以外の体勢であれば、子供が大の字で寝ようが仰向けで寝ようが問題ないので、心配せず自由に寝かせてあげましょう。

子供の寝相が悪いのは病気が原因?

子供の寝相が悪いのは病気が原因?
子供の寝相の悪さは、しっかりと休息し質の良い睡眠が取れている証拠で、病気ではないので心配は不要です。むしろ、寝ている間ほとんど動かず寝相が良い子供の方が、脳や神経系などの発達に問題があるとも言われています。

しかし、単に寝相が悪いわけではなく、睡眠中に起き出して動き回ったり、睡眠中に突然起きて叫び声をあげたりする場合は、夢遊病や夜驚症の可能性があります。夢遊病も夜驚症も、子供の発達に伴い自然に治癒していくので、特別な治療は必要ないとされていますが、十分な睡眠が妨げられているおそれもあるので、日中眠そうにしているなど気になる症状がある場合には、一度病院で相談してみましょう。

子供の寝相が悪いのはいつからいつまで?

子供の寝相が悪いのはいつからいつまで?
子供の寝相の悪さは、個人差はあるものの、だいたい生後3ヶ月頃から始まります。中には、生まれてすぐの新生児期から布団をはいでしまうような赤ちゃんもいます。

その後子供の寝相の悪さはしばらく続き、男の子の場合は長くて中学生頃、女の子の場合は長くて小学校高学年頃までには自然に寝相の悪さがなくなっていきます

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児=乳児? 特徴や発達について
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児=乳児? 特徴や発達について
新生児は、生まれてからいつまでのことを言うのでしょうか? 法律で決まっているのでしょうか? 乳児と新生児は違うのでしょうか? 新生児の赤ちゃんの定義や特徴、成長についてご紹介します!
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診は、生後1ヶ月健診では見つけることができなかった病気や発達の遅れを見つけるきっかけになります。体重の増加・視力など、早期発見で良くなる症状もありますよ。生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診の診察内容をご紹介します。

子供の寝相が悪い時の対策

子供の寝相が悪い時の対策
子供の寝相の悪さは健康的には問題がないとは言え、寝冷えやベッドからの転落事故は心配ですよね。有効な対策法をご紹介します。

寝冷え防止

寝冷え防止
寝相が悪いと子供は掛け布団を蹴飛ばしたり布団から飛び出してしまったりすることも少なくありません。子供が布団から出てしまっても寝冷えしないようなアイテムを活用しましょう。

スリーパーや着る毛布

スリーパーや着る毛布をパジャマの上に着ることで、掛け布団をはいでしまっても体を冷やさずに済みます。スリーパーや着る毛布には、ガウンタイプやベストタイプ、ズボンタイプなどさまざまなタイプがありますので、子供に合ったタイプを選びましょう。

スリーパー(着る毛布)の赤ちゃんへのメリットは? 季節や年齢に合った選び方やおすすめを紹介!
スリーパー(着る毛布)の赤ちゃんへのメリットは? 季節や年齢に合った選び方やおすすめを紹介!
スリーパーや着る毛布は、かけ布団を衣服のように身につけるので、寝ている間にはだける心配がありません。寝相が悪い子供やかけ布団の重さを嫌がる赤ちゃんにはぴったりのアイテムです。季節や年齢に合ったスリーパー(着る毛布)の選び方やおすすめをご紹介します。

腹巻き

お腹を冷やすと、子供はお腹をこわしやすく、また、免疫力も低下して風邪を引きやすい状態になってしまいます。腹巻きを活用することでお腹が冷えるのを避けましょう。ズボンに腹巻きが一体型となったパジャマもあり、とても便利ですよ。

寝る時にパジャマの上から腹巻をすることで、寝冷え防止対策になります。肌触りもよく、色の種類もあるため、お好みのカラーを選ぶことができますよ。パステルカラーが可愛いですね。

レッグウォーマー

子供が寝る時にレッグウォーマーを履かせるのもおすすめです。足首には冷えに効くツボがあり、足首を温めることで全身が温かくなります。ちなみに靴下の場合は、履かせて寝かせてしまうと、通常足の裏で行われる体温調節がうまくできなくなってしまいます。寝る時は靴下は履かせず裸足で寝かせるようにしましょう。

ふわふわな手触りが気持ちいミキハウスのレッグウォーマーです。ねんね期から体温調整に活躍するアイテムです。子供の寝冷え対策にもぴったりですよ。

対象年齢 0歳〜3歳

ベッドからの転落防止

ベッドからの転落防止
ベッドからの転落防止には、ベッドガードやベッドフェンスなどのベッド転落防止グッズを使いましょう。ベッドガードやベッドフェンスを使えば、子供の寝相が悪くても、掛け布団などがベッドから落下してしまうのも防ぐことができます

ベッドガードやベッドフェンスは、ベッドの四方で空いている面がないように、複数枚使用してベッドを囲みましょう。また、設置した隙間から子供が落ちてしまわないように、子供の大きさに合った十分なサイズのベッドガードやベッドフェンスを選ぶことも大切です。

ベビーベッドガードが必要な理由と目的別おすすめを紹介
ベビーベッドガードが必要な理由と目的別おすすめを紹介
赤ちゃんの転落防止にベッドガードを探しているあなた。でも、どれを選んだらいいのか迷っていませんか? ここでは、ベッドガードが必要な理由とベッドガードの種類、そして、目的別におすすめするベッドガードについてご紹介したいと思います。
ベッドガードとベビーベッドガードは同じもの? 利用方法と違いを正しく理解しよう
ベッドガードとベビーベッドガードは同じもの? 利用方法と違いを正しく理解しよう
赤ちゃんを迎える準備として、ベビーベッドガードの購入を検討しているママは多いのではないでしょうか?でも、調べてみると色々な種類があり、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで、今回はベッドガードの種類とその使い方を詳しくまとめてみました。

子供には軽量・薄型の寝具を選ぼう

子供には軽量・薄型の寝具を選ぼう
子供は大人が思う以上に暑がりで、厚地の毛布や布団は子供にとっては暑苦しくわずらわしいものとなりがちなので、薄地で軽量の寝具を準備するといいですよ。子供は発汗量も多いので、汗を吸収する綿素材の毛布やタオルケットがおすすめです。掛け布団も、軽量のダウン素材のものがいいでしょう。また、サイズもあえて大きめの寝具を子供に使うことで、子供の寝相が悪くても寝具がはだけてしまうのを防ぐことができます。

赤ちゃんのベビー布団の選び方、現役ママライターが選ぶおすすめのベビーサイズ布団5選
赤ちゃんのベビー布団の選び方、現役ママライターが選ぶおすすめのベビーサイズ布団5選
赤ちゃんのベビー布団は、種類が多すぎて何を基準に選んだらいいのか分からないと思いませんか? ランキングを見ても、本当にこれでいいのか迷ったことがある人も多いでしょう。そこで、現役ママライターの体験談を元に、おすすめのベビーサイズ布団をランキング形式でご紹介します。

まとめ

まとめ
子供のあまりの寝相の悪さに心配になってしまうパパママもいるかと思いますが、子供の寝相の悪さは、健康上問題はなく、むしろしっかりと休息でき質の良い睡眠が取れている証拠です。寝返りすることで体の機能を調整しているので、寝返りを打ちやすいよう寝室の環境を整えてあげましょう。ただし、寝冷えやベッドからの転落にだけは注意が必要です。子供の寝相の悪さは中学生頃までには自然とおさまっていくものなので、それまでは自由に伸び伸びと寝かせてあげましょう。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!