赤ちゃんと動物園に行くのはいつからがおすすめ? 動物アレルギーは大丈夫? 病気への免疫力がつくって本当?

目次

赤ちゃんと動物園を楽しもう!

赤ちゃんと動物園を楽しもう!
赤ちゃんが外出できるようになったら、動物園へ一緒にお出かけをして赤ちゃんを喜ばせてあげたいですよね。動物園は、いつものお散歩とは違った場所。赤ちゃんの気分転換や学び、家族のふれあいにぴったりなのです。赤ちゃんはどのくらいから動物園に行けるのか、一緒に行く場合の必要な持ち物などを紹介します。しっかり準備をして、赤ちゃんとの動物園を楽しみましょう。

赤ちゃんと動物園に行けるのはいつから?

赤ちゃんと動物園に行けるのはいつから?
赤ちゃんの頃から動物園へお出かけをしたり、動物を観察したり、いつもとは違う体験をさせることは赤ちゃんにとっていいことです。動物園デビューに適した月齢や、子供自身が楽しめる年齢をまとめました。

生後2ヶ月から可能

生後2ヶ月から可能
赤ちゃんは、生後2ヶ月頃から動物園に行くことが可能です。新生児期を過ぎてすぐ行けることに驚く方も多いと思います。ただし、生後2ヶ月はまだ外の環境に慣れていません。一緒に動物園に行く場合、赤ちゃんの負担にならないよう、暑い時期や寒い時期は避けて春や秋など気候が穏やかな時期に行きましょう。

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 母乳回数や予防接種の予定は?
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 母乳回数や予防接種の予定は?
生後2ヶ月の赤ちゃんは、ふっくらした体型になり、泣いたり、笑ったりといろいろな表情を見せてくれるようになります。赤ちゃんの成長が嬉しい一方、生後2ヶ月になると予防接種がスタートし、パパママは初めてのことに戸惑うこともあるでしょう。ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんのお世話についてご紹介します。

おすすめは首が座ってから


初めて動物園に行くのは、首が座り始める生後5~6ヶ月の時期がおすすめです。

  • 身体が外の環境に慣れてくる
  • 首が座るのでお出かけしやすい
  • 自由に首が動かせるようになり、視野が広がる
  • さまざまな物に興味を持ち始め、いい刺激になる

このように、生後5~6ヶ月頃は、動物園に行くのにぴったりな月齢なのです。また、赤ちゃんの生活リズムが安定してくるので、お出かけの予定が立てやすく、パパママ自身もお出かけしやすいです。

赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
生まれたばかりの赤ちゃんは頭を首で支えることはできませんが、生後1ヶ月頃から首の筋肉が発達し、徐々に首がすわるようになります。首すわりが始まる時期や首すわりの確認方法をご紹介します。
6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
自治体によって6ヶ月健診・7ヶ月健診を受けるように通知が来るところもあります。お医者さんに赤ちゃんの発達、健康状態を診てもらうことができ、育児の相談をすることもできますよ。6ヶ月健診・7ヶ月健診でチェックされるポイントをご紹介します。

積極的に楽しんでくれるのは2~3歳から

積極的に楽しんでくれるのは2~3歳から
1歳未満の赤ちゃんを動物園に連れて行っても、あまり反応がないこともあります。子供が自ら動物に興味を持ったり、動物に話しかけたりと、さまざまな反応が見られるのは2~3歳になってからです。しかし、一見反応はないものの、動物園で動物特有のニオイや動物が動く姿など、普段とは違う環境を楽しんでいます。赤ちゃんの発育に大切な五感の刺激にもなっているので、決して無駄にはなっていません。子供の発達段階ごとに反応が違うので、赤ちゃんのうちはパパママが楽しんでいる姿を見せるだけでもよい影響があります。

2歳児の成長や発達! イヤイヤ期やトイレトレーニングの付き合い方、おすすめの遊びを紹介
2歳児の成長や発達! イヤイヤ期やトイレトレーニングの付き合い方、おすすめの遊びを紹介
2歳児は、言葉で状況を伝えられるようになったり、外でも活発に遊ぶようになります。2歳児は自我が芽生えてパパママに強いな主張をしてくるイヤイヤ期や、トイレトレーニングを始めたりと、パパママの悩みも尽きませんよね。2歳児の成長・発達や付き合い方などをご紹介します!
3歳児健診は何をするの? 行くべき理由と健診内容を紹介
3歳児健診は何をするの? 行くべき理由と健診内容を紹介
自治体から3歳児健診の案内が来ると、我が子は健康だけど健診に行かなければいけないの? と思うパパママもいるでしょう。3歳児健診では、子供の健康や発達の状況を専門家の先生に診てもらえたり、育児の悩みを相談できる良い機会です。3歳児健診の内容や目的をご紹介するので、参考にしてみてくださいね!

動物園に行くと赤ちゃんに免疫がつくって本当?

動物園に行くと赤ちゃんに免疫がつくって本当?
「赤ちゃんの頃に動物園に行くと免疫がつく」という説がありますが、実際は数回動物園にいった程度ではアレルギー発症を抑える効果は得られません。赤ちゃんのうちに動物園に行く回数は限られており、免疫をつけるのは難しいため、信憑性の薄い噂程度に捉えておきましょう。

肌の弱い赤ちゃんは要注意

むしろ肌の弱い赤ちゃんは要注意
肌の弱い赤ちゃんは免疫がつく以前に、動物に触れ合うことによって痒みや湿疹が出る場合があります。動物の毛には、アレルギーの元になるアレルゲンや菌、アトピー素因などが含まれていることがあります。それを吸い込むと動物アレルギーやアトピーが悪化することがあるので十分注意してください。発作や発熱、肌トラブルがあった場合は特に注意が必要です。様子を見て病院を受診してください。

赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌は弱く、ちょっとしたことでもすぐ荒れてしまいます。カサカサしていたり、ザラザラしていたり…原因によって症状もさまざまです。この記事では、赤ちゃんの肌荒れの原因とそれぞれのケア方法をご紹介します。クリームやローション、オイルの違いも解説します。

ココがポイント! 赤ちゃんと動物園を楽しむコツ

ココがポイント! 赤ちゃんと動物園を楽しむコツ
赤ちゃんと一緒に動物園を楽しむコツを、ポイントごとにまとめました。赤ちゃんを気遣いながら楽しんでください。

赤ちゃんと動物園を楽しむコツ:春や秋の気候が穏やかな時期を選ぶ

春や秋の気候が穏やかな時期を選ぶ
動物園に行くなら、春や秋など気候が穏やかな時期がおすすめ。赤ちゃんは体温を調節する機能が未熟です。夏は日差しや、アスファルトの照り返しで熱中症になる危険性があります。冬場は、寒さで体が冷えて風邪を引いたり、体調不良の原因になったりする恐れも。冬は特に、人混みでインフルエンザや胃腸炎の感染も懸念されます。暑すぎる、寒すぎる環境は赤ちゃんの機嫌が悪くなりやすいので、赤ちゃんに負担をかけないためにも行く時期には注意しましょう。

赤ちゃんと動物園を楽しむコツ:授乳室やオムツ交換の場所は事前にチェック

授乳室やオムツ交換の場所は事前にチェック
事前に授乳室やオムツ交換の場所を確認しておきましょう。長時間のおでかけは、授乳のタイミングを把握するのが難しいですよね。オムツ交換も同じで、こまめに交換はできるものの、ウンチをして急にオムツ交換が必要になる時があります。突然の出来事に焦ってしまうことがないよう、授乳室やオムツ交換ができる場所をあらかじめ確認してくださいね。

赤ちゃんと動物園を楽しむコツ:見たい動物を決めて短時間で回る

見たい動物を決めて短時間で回る
動物園は全ての動物を見て回ると、大人でも疲れてしまいますよね。赤ちゃんも抱っこやベビーカーに乗っていますが、園内をすべて回ると大人以上に疲れてしまいます。事前に見る動物を決めておき、短い時間で回れるようなプランを立てると、家族みんなが無理なく動物園を楽しめます。何を見るか選ぶ際は、メジャーな動物や、絵本や写真で赤ちゃんが興味を示した動物をなど基準にしましょう。

赤ちゃんと動物園を楽しむコツ:小型の動物から見てみよう

小型の動物から見てみよう
大きな鳴き声の動物は、鳴き声に赤ちゃんが驚いて「動物は怖い」というイメージを与える恐れがあります。恐怖心を植えつけないためにも、最初は小型の動物や、大きな声で鳴かない動物、探さなくてもすぐに見つけられる動物から見て回りましょう。また、動物に触れた場合は石鹸でしっかり手を洗い、消毒をしましょう。

赤ちゃんと動物園に行くときの持ち物リスト

赤ちゃんと動物園に行くときの持ち物リスト
赤ちゃんと一緒に動物園に行くときに最低限必要な持ち物と、あると便利な持ち物をリストにまとめました。参考にしながら準備を進めてみてください。

赤ちゃんと動物園に行くときの持ち物リスト:最低限必要なもの

  • 抱っこ紐やベビーカー
  • 着替え一式
  • オムツ数枚、おしりふき、ゴミ袋
  • タオルやハンカチ
  • ウェットティッシュ
  • 母子手帳、保険証、医療証
  • 携帯用ハンドソープや除菌ティッシュ
  • 除菌ジェル
  • 離乳食やおやつ
  • スプーン、エプロン
  • 飲み物やミルク

ベビーカーは動物園によっては貸出を行っている園もあります。ただし、混雑時はすべて貸し出し中になる場合もあるので、確認しておきましょう。これにプラスして赤ちゃんが持っていると安心するおもちゃなどを付け足すといいですよ。

【タイプ別】今人気のおすすめベビーキャリー12選 抱っこ紐・スリング・ヒップシート徹底比較!
【タイプ別】今人気のおすすめベビーキャリー12選 抱っこ紐・スリング・ヒップシート徹底比較!
お出かけのときだけでなく、家の中で子供をあやすときにも使えるのが「ベビーキャリー」。定番の抱っこ紐タイプから、話題のヒップシートまで、おすすめのベビーキャリーを紹介します。それぞれの特徴やメリット・デメリットも徹底比較します!
軽量ベビーカーのおすすめ14選! ママの利用シーンに合うものを選ぼう
軽量ベビーカーのおすすめ14選! ママの利用シーンに合うものを選ぼう
ベビーカーに軽さを求める軽量ベビーカー派のママにおすすめをご紹介します。新生児から使えるA型の軽量ベビーカーや長く使えるAB型の軽量ベビーカー、また3歳や4歳ぐらいまで使える軽量ベビーカーなど、目的やシーンごとにご紹介します。
かわいくて使いやすい母子手帳ケース! 選び方&おすすめ5選
かわいくて使いやすい母子手帳ケース! 選び方&おすすめ5選
母子手帳ケースは妊婦検診や出産後の赤ちゃんの通院時に必要です。機能性にも違いがあり、デザインも豊富な母子手帳ケースはどんなものを買うか迷ってしまいますよね。母子手帳ケースの選び方とおすすめをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
日本でも江崎グリコと明治から液体ミルクの販売が開始されましたね。液体ミルクは外出時や災害時などに便利と言われていますが、粉ミルクに比べるとどんな点で便利なのでしょうか。液体ミルクの特徴やメリット・デメリットについても紹介していきます。

赤ちゃんと動物園に行くときの持ち物リスト:あると便利なグッズ

季節や天候など、場合によってはあると便利なグッズを紹介します。

  • レジャーシート
  • 雨具
  • 帽子
  • 虫よけ
  • 保冷剤
  • 日焼け止め
  • ブランケット
  • 授乳ケープ
  • オムツ替えシート

雨具は、折り畳み傘やカッパ、ベビーカーレインコートや抱っこ紐用のレインコートなど状況に合わせて選びましょう。また、暑い時期以外でも帽子はあると安心です。飲食物が持ち込み可能な動物園の場合、晴れた日にレジャーシートを敷いてピクニックをするのも楽しいですよ。

初めての子連れ(赤ちゃん連れ)旅行の持ち物リスト! おすすめ便利グッズも紹介
初めての子連れ(赤ちゃん連れ)旅行の持ち物リスト! おすすめ便利グッズも紹介
子供がうまれ、そろそろ子供と一緒に旅行に行きたいなと考えているパパママも多いかもしれません。初めての子連れ(赤ちゃん連れ)旅行はドキドキですが、ポイントや持ち物リストをチェックして楽しい旅行にしましょう!
子供用レインコートはいつから必要? かわいいものや防水に優れたものを紹介!
子供用レインコートはいつから必要? かわいいものや防水に優れたものを紹介!
子供用レインコートはいつから必要なのか、どんなものをどのサイズで選んだら良いのか悩みますよね。子供用のレインコートの選び方から、年齢や目的に合ったレインコートのおすすめをご紹介します。これで雨の日のお出かけもばっちりですよ!
赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めを選ぼう! 塗る時の注意点やおすすめ10選を紹介
赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めを選ぼう! 塗る時の注意点やおすすめ10選を紹介
日差しが強い季節になると赤ちゃんの肌の日焼け対策が必要になります。でも、赤ちゃんの肌は敏感…大人用の日焼け止めを使ってもいいのでしょうか? そもそも生後何ヶ月から塗ってもいいのでしょうか? 赤ちゃんに日焼け止めを塗る時の注意点やおすすめ商品を紹介します。

赤ちゃんと行くのにおすすめの動物園【関東編】

赤ちゃんと行くのにおすすめの動物園【関東編】
関東周辺にある赤ちゃんと行くのにおすすめの動物園を紹介します。紹介する動物園は全て授乳室やオムツ台があり、ベビーカーの貸し出しを行っている動物園なので、安心して赤ちゃんと一緒にでかけることができます。

おすすめの動物園【関東編】:恩賜上野動物園

恩賜上野動物園は、関東でもっとも有名な通称「上野動物園」です。保育園や幼稚園の遠足でも行くことが多く、年間パスポートを購入して子供とたくさん行く方もいらっしゃいます。そんな恩賜上野動物園のおすすめポイントは、以下の3つです。

  • 入園料が安いので気軽に行ける
  • 関東で唯一パンダが見られる
  • 子供動物園がある

恩賜上野動物園は、駅からすぐ近くでアクセスしやすく、定番の動物園です。有名なパンダも平日の早めの時間帯なら、待つことなく見られるので、早めの時間帯から行くのもいいですよ。

関連リンク
上野動物園

おすすめの動物園【関東編】:東京都多摩動物公園

多摩地区の保育園、幼稚園の遠足でよく行く動物園です。恩賜上野動物園と同じく、近所のママで年間パスポートを購入して少しずつ見て回っている方もいらっしゃいます。東京都多摩動物公園のおすすめポイントは以下の4つです。

  • 広い園内の約6割が雑木林で、自然が豊か
  • 動物園の動物の他に野ウサギもいる
  • 授乳室やトイレが多い
  • 動物園のゾーンが4つあるので、ゾーンごとに少しずつ見て回れる

園内は坂道が多いので、ベビーカーを持参するか、園内で借りると楽ですよ。また、園内バスも走っているので、そちらを利用するのもおすすめです。

関連リンク
多摩動物公園

おすすめの動物園【関東編】:よこはま動物園ズーラシア

神奈川県でも有名な動物園ズーラシア。時期によってナイトズーラシアという夜の動物園を回れるイベントも行っています。昼間なかなか聞けない動物の鳴き声が聞こえて、子供だけでなく大人も楽しめる動物園です。赤ちゃんと一緒に行く際のおすすめポイントは以下の3つです。

  • アフリカやアマゾンをイメージしたエリアがあり、実際にアフリカやアマゾンに訪れたような気分になれる
  • エリアごとにさまざまな種類の動物がいる
  • 小動物の餌やりやふれあいコーナーがある

よこはま動物園ズーラシアには徒歩で見て回る方法のほかに、バスで園内を回る方法があります。バスはゆっくり回れるので、赤ちゃんを連れた家族に人気です。

関連リンク
よこはま動物園ズーラシア

【東京都のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
【東京都のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
乳児や幼児とのおでかけでは、授乳室やおむつ替えスペース、最寄り駅や施設内のエレベーターの有無など、チェックしておきたいポイントはたくさんありますよね。東京都の人気スポットを、エリアやシーンに合わせて選べるよう、気になるポイントを徹底調査し紹介します!
【横浜のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット20選!
【横浜のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット20選!
横浜には大人が楽しめるスポットはたくさんありますが、小さい子供を連れて一緒に行けるところはないかな…とお困りではないでしょうか? 定番スポットから、雨の日でも楽しめたり、体験型のイベントに参加できたり、子供から大人まで楽しめるスポットをご紹介します!

赤ちゃんと行くのにおすすめの動物園【関西編】

赤ちゃんと行くのにおすすめの動物園【関西編】
関西周辺にある、赤ちゃん連れにおすすめな動物園を紹介します。珍しい動物がいる園や、規模の大きな園があるのでチェックしてみましょう。

おすすめの動物園【関西編】:アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールドは関西の中でも有名な動物園です。パンダの赤ちゃんが誕生したことで、認知度がさらに上がりました。アドベンチャーワールドのおすすめポイントは、以下の3つです。

  • 動物園だけでなく水族館や遊園地も敷地内にある
  • 近くでパンダを見ることができる
  • パンダやレッサーパンダ、ペンギンなど可愛いベビーカーがある

アドベンチャーワールドは、動物園の他に水族館のイルカショーなども有名、かつ人気です。ツアーアトラクションやライブアトラクションなども用意されており、大人も楽しめる施設になっています。

関連リンク
アドベンチャーワールド

おすすめの動物園【関西編】:神戸市立王子動物園

春になるとたくさんの桜が綺麗に咲く素敵な動物園です。そんな神戸市立王子動物園のおすすめポイントは以下の3つです。

  • 日本では珍しい、コアラとパンダが両方見られる
  • 駅やバス停の目の前でアクセスがいい
  • 調乳用のお湯がある

神戸市立王子動物園は坂が多いので、ベビーカーを持ち込むかレンタルをすると楽に回れます。

関連リンク
神戸市立王子動物園

おすすめの動物園【関西編】:福知山市動物園

福知山動物園はこれまでご紹介した動物園よりは少し小規模な動物園です。小規模ながらのおすすめポイントが3つあります。

  • 小規模な動物園なので、無理なくたくさんの動物を見て回れる
  • 公園、植物園も併設されており、動物だけでなく植物にも触れ合える
  • 入園料がお手頃価格なので、気軽に立ち寄れる

近所に住んでいる場合はいつものお散歩で動物園に寄れる手軽さは嬉しいですよね。

関連リンク
福知山市動物園

まとめ

まとめ
赤ちゃんと動物園に行くのはパパママもわくわくしますよね。赤ちゃんの発達にもいい影響がある動物園。しっかり準備や下調べをして、動物園を楽しんでくださいね。

赤ちゃんと犬は仲良く暮らせる? 家族になるために気を付けたい点とは
赤ちゃんと犬は仲良く暮らせる? 家族になるために気を付けたい点とは
赤ちゃんと犬が仲良く一緒に暮らしてくれたら…と考えているパパママ。赤ちゃんと犬が一緒に過ごしていくためには注意したいポイントがあります。赤ちゃんと犬が良いパートナーそして家族となるために、理解を深めて環境を整えましょう。
赤ちゃんがいる家庭で猫を飼っても大丈夫? 猫と赤ちゃんが一緒に暮らす時の注意点
赤ちゃんがいる家庭で猫を飼っても大丈夫? 猫と赤ちゃんが一緒に暮らす時の注意点
赤ちゃんと猫の同居は、アレルギーや怪我の心配があります。しかし、赤ちゃんが猫と同居する不安点はきちんと対策すれば防ぐことができますし、猫など動物との同居は赤ちゃんの心の成長を促してくれますよ。赤ちゃんと猫が暮らすメリット、デメリット、仲良くできる環境の作り方をご紹介します。
新幹線は何歳の乳幼児まで無料? 子供料金はいつから何歳まで? チケットが安くなる方法も紹介
新幹線は何歳の乳幼児まで無料? 子供料金はいつから何歳まで? チケットが安くなる方法も紹介
子供との楽しい旅行を計画していて気になるのが、交通機関の子供料金です。「新幹線は何歳まで無料? いつからいつまで子供料金?」と疑問に思っているパパママに、新幹線の子供料金を徹底解説します! 新幹線が無料の乳幼児が新幹線を利用するときの座席ルールもあわせて紹介しますね。
赤ちゃん、子供との飛行機移動はいつからOK? 料金は? 子連れでの移動におすすめなフライトットとは?
赤ちゃん、子供との飛行機移動はいつからOK? 料金は? 子連れでの移動におすすめなフライトットとは?
子供と一緒の飛行機のおでかけは楽しみな反面、不安や心配もありますよね。フライトットは飛行機の座席で子供が横になって寝られるアイテムです。これがあれば、「子供の睡眠」に関してのお悩みは解決するかもしれませんよ。使い勝手やママたちの口コミを紹介します。
【名古屋のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
【名古屋のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット25選!
愛知県名古屋市には子供と一緒に楽しめる施設がたくさんあります。名古屋で子連れ観光を計画しているパパママにおすすめの遊び場をまとめました。雨の日でもOKなスポットも紹介するので参考にしてくださいね!
【大阪のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット36選!
【大阪のおでかけにおすすめ】0歳~5歳の子供連れで楽しめる人気スポット36選!
大阪は子連れで楽しめるスポットがたくさんあります。大阪に子供と一緒に遊びに行こうと計画しているパパママにおすすめの場所をご紹介します。雨の日でも遊べる施設も紹介するので、大阪観光の参考にしてくださいね。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!