妊娠中にカフェインはNG? 赤ちゃんへの影響やおすすめのノンカフェインドリンクを紹介

妊婦にカフェインは良くない?

妊婦にカフェインは良くない?
カフェインはコーヒーの他に緑茶や紅茶、ココア、コーラ等にも含まれ妊婦さん含めすべての人にとって身近なものになっています。しかし妊婦さんがカフェインを取りすぎると、お腹の赤ちゃんにも影響があるので、摂取量には気を付ける必要があります。

そもそもカフェインの効果とは

眠気覚ましでコーヒーを飲むように、興奮作用や自律神経の働きを高める効果があり、集中力や運動能力を高め作業効率を上げる効果があることでも知られています。鎮痛作用もあるので眠気や頭痛に対応した医薬品にも使用されている成分です。

妊婦へのカフェインの影響

2001年に世界保健機関(WHO)が「カフェインの胎児への影響についてはまだ確定していないが、妊婦はコーヒーの摂取量を1日3~4杯までにすべき」としています。また、2010年にカナダ保健省(HC)が「過剰摂取は不眠症、頭痛、イライラ感、脱水症、緊張感を引き起こすため、特に子供や妊婦、授乳中の女性は注意すること」と発表。ママや胎児へのカフェインの影響力に関して確実な研究報告はなされていないのですが、カフェイン摂取には注意が必要であることは間違いありません。

関連リンク

厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェの違い

ノンカフェイン・デカフェ・カフェインレスの違い
いろいろな言い方がパッケージに表記されているのを見かけたことはありませんか? 違いは下記のとおりです。

  • ノンカフェイン
    カフェインが全く含まれていない場合の表現です。一切摂取したくないママはこの表示の飲み物を選んでください。「カフェインフリー」も同じ意味です。
  • カフェインレス
    カフェインを含む原料からカフェインを減らした飲料のことです。少しカフェインが残っています。
  • デカフェ
    フランス語で、カフェインレスと同じ意味です。

妊娠中のカフェイン摂取目安量

妊娠中のカフェイン摂取目安量
妊婦の適正な摂取方法を世界の各機関が公表しています。

機関名 影響が出ない一日の摂取量
世界保健機関(WHO) 300mg/日
欧州食品安全機関(EFSA) 200mg/日
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR) 200mg/日
※コーヒー2杯
カナダ保健省 300mg/日
※マグカップ(237ml)のコーヒー約2杯強
国際生命科学研究機構(ILSI)北米支部 300mg/日

関連リンク

食品中のカフェイン – 食品安全委員会

1日どれくらいなら飲んでも良いの?

1日どれくらいなら飲んでも良いの?
どの飲み物にどれくらいのカフェインが含まれ、どれくらいの量を妊婦でも飲めるのか見てみましょう。

種類別 飲み物に含まれるカフェイン量

食品名 カフェイン含有量
コーヒー 90~120mg/1マグカップ
インスタントコーヒー 90mg/1マグカップ
玉露 240mg/1コップ
紅茶 45~75mg/1マグカップ
インスタント紅茶 30mg/1マグカップ
煎茶・烏龍茶 30~50mg/1コップ
ココア 15~30mg/1コップ
コーラ 40~60mg/1瓶
栄養ドリンク 36~150mg/1瓶

妊娠中に飲める1日の目安量

一日に取れるカフェインの最大摂取量を300mgとした場合

  • コーヒー:1~3杯
  • 紅茶:3~4杯
  • 煎茶・烏龍茶:6~7杯
  • ココア:10杯程度 糖分の取りすぎに注意
  • 栄養ドリンク:カフェイン量がブランドにより異なるので購入前に含有量をチェック

カフェインは、チョコなど他の食材にも含まれていますので少な目を心掛けてたしなみましょう。

妊娠中も安心して飲めるおすすめ飲料

妊娠中も安心して飲めるおすすめ飲料
いつもカフェインをチェックするのは大変なことですよね。カフェインを気にせず楽しく飲める飲み物をご紹介します!

麦茶・水

カフェインが全く入っていない飲み物TOP2です。キンキンに冷やさず適度な冷たさでいただきましょう。水はレモン汁を数滴加えると、妊娠中のべた付きがちな口内が爽やかになりますよ。

牛乳

牛乳もカフェインが0mgの飲み物の代表です。カルシウムを多く含むので妊婦の弱った骨におすすめですが、1日にコップ1~3杯を目安に飲みましょう。乳製品全体では200~500g/日で収まるようにします。

カフェインレスのコーヒー

コーヒーの深い味わいを残し、コーヒー党のママも楽しめる商品がそろっています。

UCC「おいしいカフェインレスコーヒー」

二酸化炭素がカフェインのみを狙って取り除く方法なので、香りと味の成分は変わらず楽しめます。スーパーやコンビニで比較的手に入りやすい商品です。

ネスレ日本「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め カフェインレス 無糖」

自然の水だけを使用する独自の安心製法でカフェインを97%カットしています。ミルクを入れてカフェオレにすれば量を気にせず楽しめますね。

マウントハーゲン「オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー」

欧米で特許を持つ天然の液体CO2と水だけでカフェインを除去する方法で、カフェイン残留率0.3%未満になっています。伝統的有機農法で栽培され、手摘みされた極上の高地栽培コーヒー豆のみを使用し味わい深く仕上がっています。フェアトレード商品です。

カフェインレスの紅茶

特に女性に人気の紅茶。妊娠中もいろいろな淹れ方で楽しみたい! と思っている妊婦さんは多いのではないでしょうか。

日東紅茶「カフェインレスアールグレイ」

1ティーバッグ当たり0.001g以下のカフェインに抑えています。風味をそのままに、安心安全製法がうれしいですね。カフェインレスなので就寝前などのリラックスタイムに最適です。

AHMAD TEA「デカフェ アールグレイ ティーバッグ」

96%以上カフェインを除去した茶葉を使用。アールグレイの香りを楽しみながらストレートで、牛乳と一緒にミルクティーで、いつもの味わいをいつもの楽しみ方でいただけます。

トワイニング「ティーバッグ カフェインレス アールグレイ」

超臨海二酸化炭素抽出法で紅茶からできる限りカフェインを取り除き、成分表示は「カフェイン 0.00g」です。長い歴史を持つトワイニング。伝統的なアールグレイの味と香りをお楽しみください。

ハーブティー

ノンカフェインのハーブティーですが、子宮収縮作用があるレモングラスやローズマリーなどは避けましょう。ハーブティーはパッケージに妊婦OKと表記されたものを購入したり、医師や専門スタッフに確認したりするのをおすすめします。

Lulu美「オーガニック ルイボスティー」

美容でも人気のノンカフェインルイボスティーが100%有機農法でおいしく仕上がっています。アロマ効果のある香りとしっかりとした味でリラックスできますよ。

AMOMA「オーガニック ラズベリーリーフティー」

妊婦さんのためのハーブティー。100%オーガニックラズベリーリーフを使用。妊娠8ヶ月からの安産に向けてゆったりとした気持ちで飲みます。

ナチュラルショップなごみ「ルイボスティー オーガニック なごみ」

ノンカフェイン・低タンニンで妊婦さんや授乳中のママ、赤ちゃんもOKです。水筒に入れて外でも手軽に楽しみましょう。有機JAS認定ルイボスティーです。

たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)

妊娠・授乳中のママに不足しがちなビタミンC・B2と鉄が一度にとれるのがたんぽぽ茶。たんぽぽ根をベースに癖がなく飲みやすいお茶です。

ティーライフ「たんぽぽ茶 清らかブレンド」

カルシウム・鉄でお馴染みのぎん茶の原料醗酵ギンネムと、妊娠中・産後の体型維持をサポートする黒豆をブレンド。うれしい成分がたっぷり入っています。

ママニック「たんぽぽブレンドティー」

妊活中・妊娠中・授乳中でも安心の無添加のたんぽぽブレンドティー。体のリズムを整えるたんぽぽ根、体を温めていきいき生活できる金時生姜、美容と健康のためのごぼうが入っています。

ママセレクト「たんぽぽ茶」

ポーランド産たんぽぽを100%使用しています。厳選された高品質なたんぽぽはミネラルを豊富に含んで、妊娠中も授乳中も安心していただけるお茶ですよ。

人気カフェやコンビニでも! 「カフェインレス」を扱うお店が増加中

人気カフェやコンビニでも! 「カフェインレス」を扱うお店が増加中
妊娠中もカフェで読書したり、コンビニで飲み物を買って公園でぼーっとしたりがしやすくなりました!

  • スターバックス
    すべてのエスプレッソ飲料にデカフェを注文できます。デカフェラテ・デカフェカラメルマキアート・デカフェモカ・デカフェホワイトモカ・デカフェカプチーノ・デカフェアメリカーノから選べます。
  • ドトール
    一部店舗で、カフェインレスコーヒー・カフェインレスカフェラテ・カフェインレスがあり、持ち帰りも可能です。
  • タリーズ
    タリーズコーヒーの「デカフェ」は95%以上のカフェインを取り除いています。一部店舗でエスプレッソドリンクにプラス60円+税で、風味はそのままに豊かなコクのカフェインレスに変更できます。
  • ローソン
    カフェインレスカフェラテ・カフェインレスコーヒーをホットかアイスで注文できます。

まとめ

まとめ
出産後も母乳育児が待っているので、カフェインの特性やノンカフェイン飲料の種類などを把握しておくと良いですよ。妊娠中のカフェイン過剰摂取には十分注意し、リラックスして過ごしましょう。

妊婦健診の内容や費用は? 助成券分を引いた自己負担額が知りたい!
妊婦健診の内容や費用は? 助成券分を引いた自己負担額が知りたい!
妊娠していることが分かったら、赤ちゃんやママの健康のためにも、定期的に妊婦健診を受けることが大切です。 妊婦健診の検査内容や検査にかかる費用、助成券の限度額についてもご紹介します。
妊娠中に使いたいアプリはこれ! 体重や週数、スケジュール管理ができるのはどのアプリ?
妊娠中に使いたいアプリはこれ! 体重や週数、スケジュール管理ができるのはどのアプリ?
妊娠するとママと赤ちゃんの体重や週数の経過、妊婦健診のスケジュールなど気になることが次々と出てきますね。いちいちメモをしていられないほど情報があふれてしまいます。そこで便利なのがスマホで簡単に使えるアプリです。今回は妊娠中に使える便利なアプリを紹介していきます。
エコー写真はどう保存するべき? アルバムの作り方や人気のアプリを紹介
エコー写真はどう保存するべき? アルバムの作り方や人気のアプリを紹介
妊婦健診の一番の楽しみといえばエコー写真ですよね。実はエコー写真はそのまま保存しておくとそのうち消えてしまうって知っていますか? 大切な思い出を残すには、アルバムにして正しく保存しておく必要があります。エコー写真の保存方法やアルバム作りのポイントを紹介します。
マタニティパジャマの選び方とおすすめ14選! おしゃれで便利なデザインを紹介
マタニティパジャマの選び方とおすすめ14選! おしゃれで便利なデザインを紹介
マタニティパジャマは妊娠中から産後まで使える便利な機能や細かい工夫がたくさんあります。出産を控えたママは、産後、入院中にマタニティパジャマがあって良かったと思うはずです! マタニティパジャマの選び方や人気ブランド、おすすめ商品をご紹介します。