赤ちゃんが母乳やミルクを吐く! 飲む量が多過ぎた? 吐くのは何か病気なの? 詳しく解説

赤ちゃんの溢乳(いつにゅう)とは?

赤ちゃんの口の端から母乳やミルクがたらたら漏れること

赤ちゃんにミルクや母乳をあげた後、げっぷと一緒に口から吐き戻したり、寝ている間に口元が吐いたもので汚れているのに気付くことはありませんか? この吐き戻しのことを「溢乳(いつにゅう)」といいます。

赤ちゃんの溢乳(いつにゅう)と吐乳(とにゅう)はどう違うの?

溢乳(いつにゅう)は「乳が溢れる」と書く通り、授乳後に少量の母乳やミルクが赤ちゃんの口からだらだらと吐き出されることです。溢乳(いつにゅう)は赤ちゃんの生理的な現象として昔から知られており、大量のミルクや母乳をゲーッと勢いよく吐き戻す「吐乳(とにゅう)」とは異なります。

赤ちゃんの溢乳(いつにゅう)の原因とは

母乳やミルクをだらだら吐き戻す溢乳(いつにゅう)の原因で多いのは

  • げっぷ不足
  • 消化管の未発達がもとの逆流
  • 飲み過ぎ

があげられます。いずれも病的なものではなく、赤ちゃんの体の構造上ある程度は仕方ないものだといえます。

赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
赤ちゃんが自分でげっぷを出せるようになるまではママのサポートが必要です。げっぷを出さないと何が危険なのでしょう。げっぷ出しのコツをわかりやすく、動画でも紹介します。げっぷ出しが必要な時期、げっぷが出ない時や吐き戻した時の対処法も知っておきましょう。

赤ちゃんが溢乳(いつにゅう)したらママはどうすればいい?

赤ちゃんの口からミルクや母乳が吐き戻されてしまったら、ママは慌ててしまいますね。ですが後で説明する吐乳(とにゅう)の症状には当てはまらない、赤ちゃんの生理的な吐き戻しの溢乳であれば心配いりません。眠りながら溢乳(いつにゅう)した場合は、吐いたものが喉に詰まらないように赤ちゃんを横向きに寝かせ、汚れた服や寝具を片付けてあげましょう。

ミルクや母乳を勢いよく吐いた…吐乳(とにゅう)とは

ミルクや母乳を勢いよく吐いた…吐乳(とにゅう)とは
口元からだらだらとミルクや母乳を少量吐き戻す溢乳(いつにゅう)とは異なり、ミルクや母乳を赤ちゃんが勢いよく、大量に嘔吐することを吐乳(とにゅう)といいます

吐乳(とにゅう)の原因とは

吐乳(とにゅう)の原因はさまざまですが、何かの病気の症状として吐乳(とにゅう)に繋がっている場合がほとんどです。赤ちゃんの様子をよく観察し、「いつもと様子が違う」「なにかおかしい」と感じたら迷わず病院を受診しましょう。

子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

赤ちゃんが吐乳したときに注意してほしいこと

赤ちゃんが吐乳したときに注意してほしいこと
溢乳とは異なり、吐乳の中には危険な症状や緊急性の高い状態になっている場合もあります。ここでは、危険な症状とはどういうものか解説します。

嘔吐物の色は

嘔吐物の色 注意点
黄色・緑色 先天性の腸の閉鎖や狭窄、腸回転異常症など緊急性の高い疾患の可能性もあります。早急に病院を受診しましょう
赤色・黒色 胃からの出血の可能性があります。病院を受診しましょう
透明・ミルクかすの色 色自体は心配ありません。赤ちゃんの様子で判断しましょう

赤ちゃんの嘔吐物の色をよく観察しましょう。念のためスマホで写真を撮っておくと、病院受診の際に説明しやすくなります。

嘔吐物の量と回数は

病気の心配のない溢乳(いつにゅう)のときは、嘔吐物の量が少なく、吐き戻しの回数も授乳回数の半分以下のことが多いです。しかし、授乳の度に毎回吐き戻しがある、飲んだ量のほとんどを吐き戻すという場合は、病院の受診が必要です。特に数日で急に嘔吐の量や回数が増えた場合は、腸の狭窄など緊急を要する病気である可能性を考え、すぐに病院に連れていきましょう。

吐いた前後の赤ちゃんの体重変化

ミルクや母乳を何度も吐き戻す、大量に吐き戻すといったことが続くと、栄養不足で赤ちゃんの体重が増えなくなります。赤ちゃんの体重変化に気を配り、数ヶ月に渡って体重が増えない場合は病院に相談しましょう。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!

吐いた後の赤ちゃんの機嫌や発熱

嘔吐後の赤ちゃんの機嫌はどうでしょうか。嘔吐とともに赤ちゃんにこのよなうな症状があった場合、早めに病院を受診しましょう。

  1. ぐったりして反応が鈍い
  2. 機嫌が悪く泣き止まない
  3. 顔色が悪い
  4. お腹が膨れて張りが強い
  5. 発熱している

これ以外にも「いつもと様子が違う」と感じたらかかりつけの病院に相談すると安心です。

次のページでは赤ちゃんがミルクや母乳を吐くときに心配される病気や、受信するかどうかのポイント、ミルクを吐かないようにするための予防法をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!