赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説

3ヶ月の赤ちゃんの平均的な身長や体重はどのくらい?

男の子 女の子
身長 体重 身長 体重
出生時 48.7cm 2.98kg 48.3cm 2.91kg
生後1ヶ月 55.5cm 4.78kg 54.5cm 4.46kg
生後2ヶ月 59.0cm 5.83kg 57.8cm 5.42kg
生後3ヶ月 61.9cm 6.63kg 60.6cm 6.16kg
生後4ヶ月 64.3cm 7.22kg 62.9cm 6.73kg

※厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査報告書」より抜粋
出生時から生後4ヶ月までの平均身長、体重を男女別にまとめてみました。上の表を見てもわかるように赤ちゃんは生後3ヶ月にもなると、産まれたときと比べて大きく成長します。体重は産まれたときの約2倍にまで増え、ほっぺや体がプニプニして赤ちゃんらしい体形になっているでしょう。産まれたばかりの頃はグングンと日増しに増えていった体重は、生後3ヶ月頃には増加ペースが少し落ちついて緩やかに増えるようになっているでしょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんの身長、体重の正常な数値をもう少し詳細に記載すると
・男の子 身長:57.5~66.1cm、体重:5.1~8.1kg
・女の子 身長:56.0~64.5cm、体重:4.8~7.5kg
の範囲に収まっていれば問題ありません。こちらの数値はママに配布されている母子手帳にも記載されていますので、興味がある方は母子手帳の成長曲線のページをご覧ください。成長曲線に沿って大きくなっていれば、平均値から外れていても大丈夫、心配いりません。赤ちゃんは大柄なタイプ、小柄なタイプなのでしょう。もし成長曲線からどんどん離れていき、大きく上回る、下回るようなら念のため小児科や自治体の保健師さんに相談すると安心です。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳をもらうことは、妊婦さんにとって大きなステップとなります。母子手帳が手元にくることで改めて妊娠したことを実感する人もいるでしょう。今回は母子手帳はいつ、どこでもらえるのか、などを詳しく見ていきましょう。
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんがちゃんと成長しているのか、どの家庭のパパママも気になるでしょう。そんなときベビースケールがあれば、赤ちゃんの体重を日々測ることができます。ベビースケールを使ったママたちの体験談、おすすめのベビースケールやレンタルでの利用について紹介します。

生後3ヶ月の子供はどんなことができる? 平均的な子供の成長目安とは?

生後3ヶ月の子供はどんなことができる? 平均的な子供の成長目安とは
新生児はできることが少ししかなく、あやしても反応が鈍かったですよね。しかし、生後3ヶ月にもなると赤ちゃんは体も心も成長し、いろいろなことができるようになります。どのような成長がみられるのか、詳しく説明しましょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴1:情緒が分化してくる

生後3ヶ月の赤ちゃんは感情が豊かになってきます。赤ちゃんをあやすと笑ったり、パパママの顔を見てゴキゲンになったり、「ウー」「アー」などの喃語でおしゃべりしたりするようになります。赤ちゃんのおしゃべりに対しては、できる範囲でパパママが「うんうん、ごきげんだね」などと返事してあげてください。相手をしてもらえれば赤ちゃんも喜び、安心しますよ。親子の信頼関係にもつながります。この時期ならではのコミュニケーションを、ぜひ楽しんでください。

また、この時期は「魔の3ヶ月」とも言われています。午後~夕方になるとグズグズし出す「たそがれ泣き」が続くかもしれません。抱っこしても泣き止まない日もあるでしょう。はっきりとした原因はわかっていませんが、急激な成長に赤ちゃん自身がとまどい、不安になっているともいわれます。抱っこばかりでパパママは大変ですが、これも赤ちゃんの成長の1つ。抱っこひもを活用するなどして、乗り越えていきましょう。辛かったら自治体の保健師さんなどに相談してみてください。

赤ちゃんが喃語を話すのはいつからいつまで? クーイングとの違いや喃語が出ないときの関わり方を紹介
赤ちゃんが喃語を話すのはいつからいつまで? クーイングとの違いや喃語が出ないときの関わり方を紹介
生後5ヶ月ころの赤ちゃんが泣き声や言葉とは違うかわいい声を発し始めたら、それが「喃語」です。喃語とクーイングの違いについて、喃語が出ないときの赤ちゃんとの関わり方をお伝えします!
赤ちゃんが言葉を理解して話すのはいつ頃から? 月齢別の発達目安を解説
赤ちゃんが言葉を理解して話すのはいつ頃から? 月齢別の発達目安を解説
「あー」「うー」と赤ちゃんがしゃべる声はとってもかわいくて、癒されますよね。この喃語はいつ頃から「言葉」に変わっていくのでしょうか。赤ちゃんの言葉の発達と、言葉を伸ばすコミュニケーションのポイントを紹介していきます。
赤ちゃんが泣き止む方法!抱っこ、歌、最新の動画まとめ
赤ちゃんが泣き止む方法!抱っこ、歌、最新の動画まとめ
どのパパママも育児で必ず経験しているのが赤ちゃんが泣き止まないこと。もし、赤ちゃんを簡単に泣き止ませる方法があったら、子育ても楽になりますよね。赤ちゃんが安心する抱っこの仕方や、赤ちゃんが泣き止む方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください!
これって黄昏泣き? 原因や対処法、コリックとの上手な付き合い方
これって黄昏泣き? 原因や対処法、コリックとの上手な付き合い方
赤ちゃんが日中から夜にかけて激しく泣き出し、なかなか泣き止まない時は、黄昏泣き(コリック)かもしれません。赤ちゃんのオムツ替えや授乳をしたり、あやしたりしても泣き止まないと、病気なの? と心配になることもありますよね。パパママを悩ませる黄昏泣きの原因や対策をご紹介します。

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴2:周囲の人の声を聞き分けられる

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴2:周囲の人の声を聞き分けられる
生後3ヶ月を過ぎると、赤ちゃんは周りの音を認識し始めます。パパママや兄姉など身近な人の声を聞き分けて、話しかけられると笑ったり、甘えたような泣き方をしたりします。天気のよい日には少しの時間お散歩に出るようにしましょう。好奇心も出てくる時期なので車の音や犬の鳴き声、子供の遊ぶ声などに興味を示しだすかもしれません。外に出ればママのリフレッシュにもなりますよ。また、赤ちゃんにはたくさん話しかけてあげてください。この時期にたくさんの言葉を聞いた赤ちゃんは、成長してから語彙力が豊かになるといわれています。

赤ちゃんはいつから笑う? 笑顔を引き出す方法や笑ってくれる人気の動画を紹介
赤ちゃんはいつから笑う? 笑顔を引き出す方法や笑ってくれる人気の動画を紹介
泣いているか寝ているかミルクを飲んでいるかの赤ちゃんがふと笑うと、パパママも幸せな気持ちになりますよね。赤ちゃんの笑いの種類や笑顔を引き出す方法、笑ってくれる動画などをご紹介します。

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴3:首がすわる

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴3:首がすわる
生後3ヶ月くらいになると、首がすわり始める赤ちゃんもいるでしょう。首がすわる時期には個人差がありますが、判断の目安として次の点をチェックしてみてください。
・赤ちゃんを腹ばいにすると首を持ち上げる
・あおむけに寝かせて両手を持ち、引き起こすと頭がついてくる
これらができれば、首がすわったと考えていいでしょう。首がすわると抱っこするときに頭をささえる必要がなくなったり、たて抱きができたり、抱っこひもでおんぶができたりと、赤ちゃんのお世話もグッと楽になります。しかし、まだまだ赤ちゃんの首は不安定です。もう大丈夫だと油断せず、赤ちゃんの様子をしっかり確認するようにしてください。

赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
生まれたばかりの赤ちゃんは頭を首で支えることはできませんが、生後1ヶ月頃から首の筋肉が発達し、徐々に首がすわるようになります。首すわりが始まる時期や首すわりの確認方法をご紹介します。
あると便利なおんぶ紐! おんぶ育児のメリットやデメリット、おすすめ4選を紹介!
あると便利なおんぶ紐! おんぶ育児のメリットやデメリット、おすすめ4選を紹介!
おんぶ紐は抱っこ紐に劣らずとても便利な育児アイテムです。赤ちゃんが小さいうちはどこへ行くにもパパママと一緒なことが多いので、パパママの両手が空き家事などの作業がしやすいおんぶ紐があると便利です。おんぶ紐はどんなものなのか? どんな種類があるのか? おすすめのおんぶ紐もご紹介します。

3ヶ月健診について知っておこう

3ヶ月健診について知っておこう
3ヶ月健診は家からそれほど遠くない場所で受けると思いますが、生後3ヶ月では赤ちゃんと一緒に出かけるのも大変ですよね。3ヶ月健診についてあらかじめ知っておくと、少し気持ちに余裕ができるのではないでしょうか。それでは3ヶ月健診とはどのような検査なのかを解説していきます。

3ヶ月健診は何のために受けるのか

東京都練馬区での健診を例にご紹介しましょう。3ヶ月健診では赤ちゃんの成長具合をみることはもちろん、パパママが子育てで心配なこと、ママの体調のことなどを第三者に相談できる機会をつくっています。この時期は産後の不調や慣れないお世話による疲れ、不安がピークになる頃です。

家に引きこもってばかりで話し相手もいないなど、孤独を感じている人もいるでしょう。ぜひこの機会に保健師さんに相談してみてください。3ヶ月健診は同じ地域に住んでいる、同じ月齢の赤ちゃんにたくさん出会えるチャンスです。他の赤ちゃんを見たり、他のママと話してみると、いろいろと参考になったりお友達ができたりするかもしれませんよ。

新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。

生後3ヶ月健診はどんなことをするのか

練馬区の3ヶ月健診では問診、身体測定、診察、育児相談、栄養相談などを行います。記入した問診表をもとに、保健師による確認があります。診察では首のすわり具合や目、耳が正常に発達しているか、股関節脱臼がないかなどをチェックします。母乳やミルクの量について、どれくらいあげたらよいのか、本当に足りているのかと不安に感じているなら、育児相談や栄養相談で話してみてください。体の発達具合などからアドバイスが受けられます。

どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの? 注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの? 注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも、種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。

3ヶ月健診時に気を付けたい親の服装とは

健診では赤ちゃんを抱っこしたり着替えさせたり、なにかと動くことがあります。靴は履きなれて動きやすく、赤ちゃんを抱っこしたままでもサッと脱ぎ履きできるものがよいでしょう。カジュアルで動きやすい格好をおすすめします。健診会場は暑いことがあるので、1枚脱げるようにしておくといいでしょう。また、ベビーカー置き場がなかったり狭かったりすることもあります。健診会場内はベビーカーが通れない可能性も。そのときのために抱っこひもがあると安心ですね。

おすすめ抱っこ紐8選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?
おすすめ抱っこ紐8選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?
子供が生まれる前にすべての家庭で買いそろえておく育児グッズの1つが抱っこ紐です。抱っこ紐を使わず育児をするパパママはまずいないと思いますが、抱っこ紐はどのような視点で選べばいいのでしょう? 対象年齢? 機能? 価格? たくさんの種類がある抱っこ紐購入に悩むパパママに、抱っこ紐を選ぶ時のポイントとおすすめをご紹介します!

3ヶ月健診時に気を付けたい赤ちゃんの服装とは

集団健診では人数が多いために空調が利きにくく、時期によっては室内が暑くなることも。また慣れない場所や室内の暑さで赤ちゃんが泣いてしまい、大汗をかくかもしれません。赤ちゃんはやや薄着にするのがよいでしょう。身体測定や診察のときにはオムツ1枚になることもあるので、着替えさせやすい服装がいいですね。万が一にそなえて予備のオムツや着替えがあると安心です。

これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
赤ちゃんの服装は「大人より1枚薄着で」と言われるくらい大人と感覚が異なります。気温や季節によって変えようと言われても、結局どんな服装が良いのか難しいですよね。そこで、これさえ押さえておけば赤ちゃんの服装選びに困らないポイントを紹介します。

3ヶ月健診時の育児相談や健康相談を活用するために

3ヶ月健診時の育児相談や健康相談を活用するために
3ヶ月健診では自治体の保健師さんに相談できる機会があります。せっかくのチャンスですから普段はなかなか相談に行けないという人も、ぜひこの機会を最大限に活かしてください。事前に相談したい内容をメモでリストアップしておくと、スムーズに相談できます。「こんなこと聞いて的外れだと思われないかな」などど不安になることはありません。先方もできる限り応えてくれるでしょう。

3ヶ月健診は赤ちゃんとママの健康状態を診てもらういい機会


赤ちゃんの体重など発達具合に不安があれば、その場で相談して不安を取りのぞきましょう。もちろんママ自身の心の負担や不安についても相談できますよ。初めての育児はわからないこと、慣れないことだらけ。毎日不安に感じているかもしれませんね。相談して話を聞いてもらえば、精神的にも楽になるかもしれません。赤ちゃん連れで移動するため負担もありますが、ママと赤ちゃんの健康のために3ヶ月健診はかならず受けるようにしてください

赤ちゃんの1歳児健診は必要? 有料? 受診は義務? 検査内容は? 小児科でも受診できる?
赤ちゃんの1歳児健診は必要? 有料? 受診は義務? 検査内容は? 小児科でも受診できる?
赤ちゃんの「1歳児健診」の案内をもらったけれど絶対に受診しないといけないの? 有料、無料? どんな検査があり、何を持っていけばいい? 1歳の予防接種と同時に小児科で受けられる? など、1歳児健診に関係するパパママの疑問にお答えします。
【任意接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 任意接種の種類とは
【任意接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 任意接種の種類とは
予防接種には自治体が費用を負担してくれる定期接種と自費となる任意接種に分かれています。赤ちゃんに任意接種を受けさせるかどうかはママパパの判断に任されています。今回は任意接種について詳しく解説していきます。任意接種が必要かを判断する材料にしましょう。
子育てでイライラしたらどうすればいい? 子供にイライラするのは私だけ? 
子育てでイライラしたらどうすればいい? 子供にイライラするのは私だけ? 
子育て中に子供にイライラしてしまった経験、誰にでもありますよね? イライラしてしまうのは仕方がないとして、その気持ちにはどう対処すればいいのでしょう? 先輩ママの体験談や、その原因と対処方法いついてご紹介します。
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、産まれたばかりの赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょう。平均的な成長をしているのかが気になるパパママもいるでしょう。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長やお世話の特徴、発熱や肌トラブルへの対応方法などもご紹介します。
6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
自治体によって6ヶ月健診・7ヶ月健診を受けるように通知が来るところもあります。お医者さんに赤ちゃんの発達、健康状態を診てもらうことができ、育児の相談をすることもできますよ。6ヶ月健診・7ヶ月健診でチェックされるポイントをご紹介します。
赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?
赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?
赤ちゃんが生後9ヶ月~10ヶ月頃になると、自治体によっては生後9ヶ月・10ヶ月健診があります。赤ちゃんの成長が楽しみな反面「もし引っかかったらどうしよう」など少し不安な面もありますよね。生後9ヶ月・10ヶ月健診でどのような質問や検査があるのかをご紹介します。
お食い初めは木曽路がおすすめ! そのほかお食い初めプランがある東京のレストラン・料理店も紹介
お食い初めは木曽路がおすすめ! そのほかお食い初めプランがある東京のレストラン・料理店も紹介
最近のお食い初めは、準備や後片付けをしなくていいレストランや料理店でのお食い初めが人気です。なかでも人気の料理店「木曽路」の詳しいサービス内容や利用したパパママの声、そのほかにも東京のおすすめレストラン・料理店を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!