妊婦健診の内容や費用は? 助成券分を引いた自己負担額が知りたい!

妊婦健診とは?

妊婦健診とは?
妊娠がわかったら、ママや赤ちゃんの健康状態をチェックするために妊婦健診を受けることが大切です。定期的な妊婦健診はトラブルの早期発見につながります。また妊婦健診の結果は母子手帳に記録されるため、引っ越した場合や万が一旅行先などでトラブルがおきた時でも、母子手帳を見せることで受診した病院側が赤ちゃんや母体の経過を確認でき状況が把握しやすいなどのメリットもあります。

妊婦健診は法律で義務づけられているわけではありませんが、妊婦健診を受けていないと出産時にママや赤ちゃんの健康状態がわからず、とてもリスクの高い出産になってしまいます。妊婦健診では自治体からもらえる助成券を活用することで、経済的な負担は少なくて済みますよ。妊娠がわかったら、ママと赤ちゃんのためにも定期的な妊婦健診を受けるようにしてくださいね。

関連記事

母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説

妊婦健診はどんなスケジュールで行うの?

妊婦周期 妊娠初期~23週 妊娠24週~35週 妊娠36週~出産まで
頻度 4週間に1回(計4回) 2週間に1回(計6回) 1週間に1回(計4回)
毎回行う検査項目 ①問診、診察
②基本検査
(尿検査、体重測定、浮腫、血圧、腹囲、子宮底長など)
③保険指導
必要に応じて行う医学的検査
(期間内の検査回数)
①血液検査(1)
②子宮頸がん健診(1※初期に)
③超音波検査(1)
①血液検査(1)
②B群溶血性レンサ球菌(1)
③超音波検査(1)
①血液検査(1)
②超音波検査(1)
④血液検査(HTLV-1抗体検査)(1※妊娠30週までに)
⑤性器クラミジア(1※妊娠30週までに)

厚生労働省は、妊娠初期~出産までの期間に全部で14回の妊婦健診を推奨しています。一般的に妊婦健診は週数が進むほど頻繁になるのが通例ですが、出血やお腹の張り、痛みなど心配なことがあれば妊婦健診の前に受診することも可能です。ママが持病を抱えている場合や多胎児の場合は通常よりも丁寧な検査が必要なので、最終的な妊婦健診の回数はママや赤ちゃんの状態によって異なります。

関連記事

双子を妊娠! 妊娠中のリスクはどんなこと? 経験者のママにインタビューしました

妊婦健診の内容

妊婦健診の内容
妊婦健診ではどのようなことを行うのでしょうか? 妊婦健診で毎回検査する内容と、時期ごとに行う検査内容をみていきましょう。

妊婦健診で毎回行う検査

妊婦健診で毎回行う検査

尿検査

妊娠するとhCGという名前のホルモンが尿に排出されるため、初診では妊娠しているかをチェックするために尿検査を行います。妊婦健診では、尿中のタンパクと糖の数値をチェックするために尿検査を行います。タンパクや糖の数値が高いと妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクがあるため、妊婦健診で定期的に検査し数値をチェックする必要があります。

体重測定

妊娠中は適切な体重増加が必要です。急激な増加は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病につながる可能性があるため、妊婦健診時の体重測定の結果によっては食事や生活習慣のアドバイスをしてくれる病院もあります。ママの妊娠前の体重にもよりますが、妊娠中は1ヶ月に1kgずつの増加が理想とされています

血圧測定

妊娠高血圧症候群のチェックのため、血圧測定を行います。最高血圧が100~130mmHg、最低血圧が60~80mmHgの範囲内であれば問題ありません。

「妊娠初期~妊娠23週」に行う医学的検査

「妊娠初期~妊娠23週」に行う医学的検査
妊娠初期〜妊娠23週(妊娠4ヶ月~妊娠6ヶ月頃)の健診は4週間に1回を推奨されています。尿検査によるhCG値は妊娠しているか否かの判断しかつかないため、妊娠初期にはエコーで胎嚢(赤ちゃんを包む袋)を確認し、正常な妊娠かどうかをチェックします。そのほか子宮や腟(ちつ)、卵巣の状態、出血の有無などをチェックし、妊娠を継続できるかどうかの確認を行います。

一般的に心拍を確認できるのは妊娠6週目~妊娠7週目と言われており、心拍が確認できると自治体から母子手帳を受け取ることができます。最終生理日や赤ちゃんの大きさから妊娠週数と出産予定日を算出するのもこの時期です。妊娠初期の期間中に少なくとも1回は妊婦健診で血液検査を行い、ママの血液型や感染症にかかっていないか、血糖値や貧血の有無をチェックします。

関連記事

エコー写真の見方と保存方法 おすすめアルバムと手作りアイデアを大特集
出産予定日は自分で計算できる? ママの出産前の準備や分娩までの過ごし方

「妊娠24週~妊娠35週」に行う医学的検査

「妊娠24週~妊娠35週」に行う医学的検査
妊娠中期は2週間に1回の健診が推奨されています。赤ちゃんの成長具合や羊水の量などをチェックするほか、血液検査でB群連鎖球菌(GBS)の有無を確認します。病院によって妊婦健診の回数は異なりますが、お腹越しに超音波検査(エコー)を行うのも妊娠24週~妊娠35週の時期です。だんだん人間らしくなっていく赤ちゃんを見られる楽しみがありますよ。

「妊娠36週~出産まで」に行う医学的検査

「妊娠36週~出産まで」に行う医学的検査
赤ちゃんがいつ生まれてもおかしくない妊娠36週の時期からは、1週間に1度の妊婦健診が推奨されています。妊娠36週からの妊婦健診では出産の兆候をチェックするために、ママの子宮口のやわらかさや開き具合を確認するほか、赤ちゃんの状態を確認するためにNST(ノンストレステスト)を行います。NSTとは、ママのお腹が張っていない状態の時に機械をつけて赤ちゃんの心拍数などを確認する検査です。NSTは時間がかかる検査のため、NSTを行う妊婦健診後の予定は余裕をもって組むといいでしょう。

妊婦健診にかかる費用

妊婦健診にかかる費用
意外と忘れがちですが、妊娠は病気ではないため保険の適用にはなりません。高額になりがちな妊婦健診の費用を少しでもおさえられるように、しっかり対策をしましょう。

関連記事

出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産育児一時金とは? 対象条件や金額、申請方法は?
出産にも関係する高額医療制度とは? 対象・申請方法、限度額などを解説

助成券を使って自己負担額を減らそう

助成券を使って自己負担額を減らそう
医療機関によって異なりますが、一般的に妊婦健診の基本検査(体重・血圧測定、尿検査など)は3000円~5000円、それ以外の特別な検査は1万円~1万5000円ほどかかると言われています。いくら大切な赤ちゃんのためとはいえ、妊婦健診のたびに高額な医療費を支払うのは大変ですよね。妊娠が判明し、赤ちゃんの心拍が確認できると市区町村の窓口で母子健康手帳と一緒に妊婦健診の助成券が交付されます。妊婦健診の助成券を使うことで妊婦健診が無料で受けられたり、妊婦健診にかかる合計費用がおさえられるので、経済的な負担を抑えることができます

自治体により妊婦健診の助成金額は異なりますが、助成利用後の自己負担額の合計平均は5万8000円程度と言われています。検査の過程で病気が発覚した場合の治療費や再検査の費用など、通常の妊婦健診では行わない検査や、助成券を使い切った後の妊婦健診費用は助成の対象にならないので注意が必要です

初診は助成券が使えないので自己負担額は平均5,000円~20,000円程

初診は助成券が使えないので自己負担額は平均5,000円~20,000円程
助成券が交付されるのは赤ちゃんの心拍確認後ですので、初診にかかる費用は助成券が使用できません。一般的に初診の費用相場は1万円前後と言われていますが、病院によっては3000円程度~2万円以上かかる病院もあるため、事前に電話などで初心にかかる費用を確認しておくと安心です。

全国の妊婦健診の平均助成金額は1人あたり102,097円

妊婦健診の回数は医療機関や母子の状態によって異なりますが、多くの自治体では計14回の妊婦健診を推奨しています。助成金額がもっとも多い自治体では約12万円、少ない自治体では約6万円と開きがあり、全国の平均助成金額は102,097円です。

都道府県別の妊婦健診助成金額の平均

都道府県 助成金額の平均
岐阜県 119,570円
山口県 119,029円
青森県 118,920円
秋田県 118,704円
新潟県 118,375円
石川県 117,105円
長野県 116,439円
大阪府 114,631円
香川県 114,600円
徳島県 114,440円
福島県 111,278円
高知県 110,380円
三重県 110,110円
宮城県 108,380円
島根県 108,088円
愛知県 107,149円
滋賀県 106,802円
岩手県 105,036円
富山県 103,880円
宮崎県 103,276円
鹿児島県 102,943円
岡山県 102,831円
山形県 102,400円
福岡県 102,208円
佐賀県 101,440円
福井県 101,250円
熊本県 100,820円
埼玉県 100,800円
長崎県 100,532円
沖縄県 99,100円
群馬県 98,730円
茨城県 98,700円
奈良県 96,303円
北海道 95,421円
栃木県 95,000円
鳥取県 94,450円
大分県 93,800円
広島県 93,511円
千葉県 93,461円
静岡県 92,800円
和歌山県 92,190円
兵庫県 91,238円
京都府 91,027円
愛媛県 90,630円
山梨県 89,808円
東京都 86,657円
神奈川県 69,644円

厚生労働省が2018年に公表した「妊婦健康診査の公費負担の状況に係る調査結果について」の情報を元に、2017年4月1日時点での都道府県別の助成金額の平均を記載しました。また、都道府県別の助成金額の平均には、助成金額を明示していない自治体は含まれておりません。都道府県の自治体によっても助成金額は異なるため、お住いの自治体の助成金額が知りたい場合は、直接自治体に問い合わせしてくださいね。

関連リンク

妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について

助成券について知っておいた方がいいこと

助成券について知っておいた方がいいこと
妊婦健診の費用負担を軽減してくれる助成券はママにとって大きな味方ですが、助成券を使用するうえでいくつか注意点があるので、1つずつ確認していきましょう。

助成券を紛失しても再発行はしてもらえない

助成券を紛失しても再発行はしてもらえない
助成券を無くしてしまった場合、火災や盗難などのやむをえない場合を除き、基本的には再発行ができません。万が一助成券を無くしてしまった場合は、償還払い制度(払い戻し)を利用できる自治体もあるので、諦めずに問い合わせてみましょう

引っ越しをしたり里帰り出産の場合は払い戻し制度を活用しよう

引っ越しをしたり里帰り出産の場合は払い戻し制度を活用しよう
里帰り出産や引っ越しをする場合、まずは産院のある自治体に今持っている助成券が利用できるかどうかを確認しましょう。引っ越しの場合は転入先の助成券に引き換えてもらえることがほとんどですが、助成券を引き換える前に引っ越し先の病院で妊婦健診を受け、もともと持っている助成券が使えなくても、多くの自治体で償還払いが利用できるので安心してくださいね。償還払いの場合、自治体によってはすべての助成を受けられないこともありますので、各自治体に確認が必要です。

関連記事

里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介

妊婦健診を受ける病院は分娩する病院じゃなくても良いの?

妊婦健診を受ける病院は分娩する病院じゃなくても良いの?
病院のなかには、妊婦健診のみを行っている病院があるのをご存知ですか? 妊婦健診は、必ずしも分娩予定の病院で受ける必要はないため、妊婦健診のみを行っている病院をあえて選ぶママさんもいます。その理由は大きな病院であるほど、妊婦健診の待ち時間が長い傾向があるからです。妊娠中はつわりや大きいお腹で大変な時期もあるので「健診を受ける病院=分娩をする病院」と考えず、家や職場の近く、空いている病院など、無理なく通える病院を選ぶのも良いですね

もちろん里帰り出産を希望する場合も、妊婦健診は里帰り先ではなく自宅近くの病院を選ぶことも可能です。ただし、出産する病院によっては「安定期に1回は妊婦健診を受けて欲しい」「32週以降の妊婦健診は受けて欲しい」というように妊婦健診における方針が違うこともあるため、詳しくは里帰り先の病院に確認してみましょう。

妊婦健診に行く時の服装にも気をつけよう

妊婦健診に行く時の服装にも気をつけよう
妊婦健診を受けるときの服装に決まりはありませんが、ママ自身が楽な服装がベターです。暑い時期でも冷房で冷えてしまうことがあるので、羽織ものなどの防寒具があると良いですね。

健診の内容によって服装を変えるのもポイントです。例えば、経腟エコーや内診など、内診台に上がる日は下着を脱ぐため、下半身の露出を最低限に抑えられるスカートスタイルがおすすめです。また経腹エコーがある日はお腹を出す必要があるのでワンピースはおすすめできません。さらに、内診台に上がるときは靴を脱がなくてはいけないので、紐靴やロングブーツは禁物です。靴を脱ぐのに戸惑ってつまづいてしまう…ということがあっては大変ですので、妊婦健診の日は歩きやすくて脱ぎやすい靴を履いていきましょう。

関連記事

シーン別おすすめマタニティアウターを紹介! マタニティ期以降に欠かせないアウター選びのポイントも

まとめ

まとめ
妊婦健診は赤ちゃんやママの健康をチェックするうえでとても重要な機会です。一方で初めて妊娠するママは「痛いのかな?」「お金はどれくらい必要かな?」など不安も多いですよね。ぜひ不安を解消して、お腹の赤ちゃんを身近に感じられる時間を楽しんで下さいね!

関連記事

産休とは? 期間はいつからいつまで? 出産手当金はいくら? 計算方法は?
出産手当金は給料によってもらえる額が変わる? 計算の仕方や申請方法は?
2人目妊娠を報告タイミングとは? ママ友に職場、上の子。目的別報告の仕方
双子を妊娠! 妊娠中のリスクはどんなこと? 経験者のママにインタビューしました
妊娠中に使いたいアプリはこれ! 体重や週数、スケジュール管理ができるのはどのアプリ?
妊娠中にカフェインはNG? 赤ちゃんへの影響やおすすめのカフェインレスドリンクを紹介