赤ちゃんの目はいつからどのくらい見えているの? 視力の発達や目の病気について紹介

赤ちゃんの目はいつどのように見えるようになるの?

赤ちゃんの目はいつどのように見えるようになるの?
目の働きはカメラと似ており、見たものを光の情報として取り入れて網膜に像を映します。網膜に映し出された像が視覚伝導路によって脳に伝達されることで、はじめて「見た」と認識するのです。生まれたばかりの赤ちゃんは視覚伝導路が未完成ですが、毎日ものを見て刺激を受けることで視力が発達し、段々と目が見えるようになっていきます

新生児の視力

新生児の視力
新生児の赤ちゃんの視力は、0.01~0.02ほどです。新生児の赤ちゃんは全く何も見えないわけではなく、お腹の中にいる段階で光を感じる能力が発達するため、明暗を区別することができます

新生児の赤ちゃんが認識している色は、黒と白、グレーといった無彩色だけなので、モノトーンでコントラストがはっきりしているものだと赤ちゃんが認識しやすいですよ。パパママが赤ちゃんに話しかけたりあやしたりする時も、新生児の赤ちゃんが焦点を合わせられる20cmほどまで顔を近付けてあげるとよいでしょう

関連記事

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 特徴や発達について
ガラガラやラトルは赤ちゃんの初めてのおもちゃに最適! おすすめ10選
ラトルは新生児の赤ちゃんのおもちゃに最適! 手作りラトルの作り方も紹介

生後1ヶ月〜3ヶ月頃の視力

生後1ヶ月〜3ヶ月頃の視力
赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎると、色を少しずつ認識し始めるようになります。生後1ヶ月頃の赤ちゃんは、淡いカラーよりもはっきりとした明るい色のおもちゃの方が、赤ちゃんも認識しやすいですよ。黒目が外を向いたり、常に目を動かしたりしていた赤ちゃんも、生後2ヶ月頃には左右の目が連動してくるようになり目の動きも安定してきます。赤ちゃんが生後3ヶ月頃には、動くものを目で追う追視が始まります

生後2ヶ月~生後3ヶ月頃は、「いないいないばあ」をする時にパパママのしっかり顔を見せてあげたり、おもちゃで遊びながら赤ちゃんに笑いかけたり、たっぷり顔を合わせて遊ぶのがおすすめです。赤ちゃんがパパママの表情を認識できるようになると、赤ちゃんをあやすした時に笑ってくれることも増えるため、パパママも嬉しい瞬間を迎えられるでしょう。

関連記事

乳児・幼児も楽しめる手遊び歌を教えます! 0歳からママと歌を楽しもう
子供とできる室内遊び!  子供の年齢別、親子で楽しめる家遊びを紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 母乳回数や予防接種の予定は?
赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説

生後4ヶ月〜生後7ヶ月頃の視力

生後4ヶ月〜生後7ヶ月頃の視力
赤ちゃんが生後4ヶ月〜生後7ヶ月頃には視力も0.03〜0.08程度まで上昇しています。生後4ヶ月~生後7ヶ月頃の赤ちゃんは、目と手の動きが連動するようになり、見えたものに興味を持って手を伸ばす仕草も見られるようになります。赤ちゃんとパパママとのコミュニケーションも大切ですが、赤ちゃんが自分で見て自分で触る一人遊びも赤ちゃんにとって大切な時間です。赤ちゃんがおすわりできるようになれば、絵本の読み聞かせもおすすめですよ。

関連記事

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから? 新生児から楽しめるおすすめ絵本も紹介
0歳の赤ちゃんが喜ぶおすすめ絵本 定番から知育にぴったりなしかけ絵本まで
赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?

生後8ヶ月〜生後11ヶ月頃の視力

生後8ヶ月〜生後11ヶ月頃の視力
生後8ヶ月〜生後11ヶ月頃の赤ちゃんの視力は0.1〜0.15程度まで発達し、人の顔を覚えられるようになってきます。赤ちゃんが人の顔を覚えられるようになると、パパママと他人の区別がつくようになるため、生後8ヶ月〜生後11ヶ月頃に人見知りが始まる赤ちゃんも多いでしょう。

また、生後8ヶ月頃の赤ちゃんは、ハイハイで動いたり体を使って遊んだりすることが増えるため、距離感が少しずつわかるようになります。生後9ヶ月以降の赤ちゃんは、手を振ったり手を叩いたりする仕草が見られ、目で見たパパママの動作を真似するようになります。

関連記事

赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
つかまり立ちはいつできるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介

1歳以降の視力

1歳以降の視力
1歳頃の視力は0.1〜0.2程度です。赤ちゃんが立てるようになると視野が広がり、遠近感や立体感が把握できるようになります。個人差はありますが、視力は3歳頃までに1.0近くまで上昇します。子供の視力は6歳~8歳頃には大人と同じくらいの視力になると言われています。

目の働きが著しく成長する3歳までに、遊びの中でいろいろなものを赤ちゃんに見せてあげましょう。赤ちゃんの視覚と触覚が刺激される、粘土や積み木、ブロックといった道具遊びもおすすめです。

関連記事

人気の積み木10選! 知育効果から、年齢・メーカー別のおすすめアイテムを紹介!
大人気のブロックおもちゃ大特集! 【1歳・2歳・3歳・4歳】年齢に合ったブロックとは?

赤ちゃんの視力の発達を促す方法はあるの?

赤ちゃんの視力の発達を促す方法はあるの?
赤ちゃんの視覚伝導路を発達させるためには、いろいろなものを見せることが大切です。新生児の赤ちゃんは光しか認識できない状態ですが、カメラのフラッシュなどの強い光は刺激が強すぎるので注意しましょう

外に出て散歩するだけでも赤ちゃんにとっては十分な刺激となり、視力だけでなく集中力や記憶力の発達にもつながりますよ。室内では、赤ちゃんにもわかりやすい、色のはっきりしたおもちゃやゆっくりとした大きな動きなどで、視覚的に興味を引きましょう。

関連記事

新生児の赤ちゃんはいつから外出できるの? 外出時の持ち物と注意点は?

赤ちゃんの斜視や弱視って治るの?

斜視や弱視って治るの?
赤ちゃんの斜視と弱視は、どちらも早い段階での治療が大切です。早期発見できるように、斜視や弱視がどのような症状なのかを知っておきましょう。

赤ちゃんの「斜視」の症状や原因、治療法

「斜視」の症状や原因、治療法
通常、物を見るときに両目は同じ方向を向いていますが、片目が違う方向を向いている状態を斜視と言います。片目がまっすぐ向いているときに、もう片方が内側を向いているのが内斜視、外を向いているのが外斜視です。ただし、新生児の赤ちゃんは、まだ左右の目を連動させることができないため、両目の向きが合わないことがよくあります。また、赤ちゃんの鼻は低くて広いので、白目の内側が隠れて内斜視のように見えることもあります。見掛け上だけの斜視の場合は、成長と共に気にならなくなるでしょう。

斜視は、眼球を動かす筋肉の異常や遠視が原因となっていることがほとんどです。斜視はメガネをかけるだけで治ることもありますが、原因によっては手術が必要なこともあります。赤ちゃんの目つきがおかしいと感じたら、眼科を受診しましょう。

赤ちゃんの「弱視」の症状や原因、治療法

「弱視」の症状や原因、治療法
赤ちゃんの目の働きが発達する時期に、目の焦点が合わないまま育つことで、赤ちゃんの視力の発達が止まってしまい弱視になります。弱視になる原因は、遠視や乱視といった網膜面で焦点が合わない屈折異常や斜視などがあげられます。

メガネやコンタクトをかけても、視力を矯正できない弱視にならないために、早期発見して症状に合わせた治をすることが大切です。屈折異常による弱視は、メガネをかけて目を使う訓練を行うことで治療を行います。斜視による弱視の治療方法としては、健眼遮閉(けんがんしゃへい)という視力が悪い方の能力を上げる訓練をしたり、点眼や手術を行う場合もあります。

子供の近視は親の遺伝? 原因や対策は?

子供の近視は親の遺伝? 原因や対策は?
近視は遺伝的な要素が大きいとされていますが、パパママが近視でない場合も環境の影響で子供が近視になることも多いです。近くを注視する機会が多いと近視になりやすいので、テレビを見たりや本を読む時は顔との距離を30cm程離すようにしたり、勉強やゲームの合間に遠くを眺めたり、1時間ごとに目を休ませることも大切です。子供が近視にならないために、パパママが子供の生活環境に気を配ってあげましょう。

スマホやテレビを見せる時の注意点は?

スマホやテレビを見せる時の注意点は?
スマホやテレビのブルーライトは赤ちゃんには刺激が強く、赤ちゃんの視力低下につながる危険性があります。赤ちゃんにテレビやスマホを見せる場合は、適度な距離を保つことが大切です。また赤ちゃんの目の負担を考え、テレビやスマホを見せる時は1回30分程度で切り上げるなど、長時間連続で見せることは避けましょう。

関連記事

子どものスマホ利用はあり?なし?  1日の利用時間制限は?

こんな症状があれば眼科で診てもらおう

こんな症状があれば眼科で診てもらおう
赤ちゃんの目やにや涙の量が増えたり、白目や瞳の色に違和感がある場合は、目と鼻をつなぐ管の通りが悪い先天鼻涙管閉塞や、先天白内障、先天緑内障の可能性があるかもしれません。目を細めたり横目で見たりする、追視やまばたきをしないなど、ものを見る時の不自然な行動も受診の目安です

赤ちゃんが生後6ヶ月以降は、屈折異常や斜視などを検知できる視力スクリーニング検査を受けることができます。視力スクリーニング検査は、パパママが赤ちゃんを抱っこした状態で検査をすることができ、わずか数秒で終わるとても簡単な検査です。視力スクリーニング検査を受けられる病院かどうかは、前もって確認しておきましょう。赤ちゃんの目に違和感があったとしても、赤ちゃんにはそれを伝える術がありません。赤ちゃんの目の異常を早期発見することで改善できることもあるため、赤ちゃんの目の様子がおかしいと思ったら、すぐに眼科で診てもらいましょう。

まとめ

まとめ
赤ちゃんの目の病気に関しては、パパママが日頃からしっかり観察して早めに発見することが大切です。そうはいっても、最初はよく見えなくて当然なので、月齢が低い内から心配しすぎる必要はありません。いろいろなものを見せて目の発達を促しましょう。コミュニケーションを取りながら、赤ちゃんの目の発達状況を見守ってあげてくださいね。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんの身体に大きいほくろが! メラノーマとの違いは? いつから手術できる? 詳しく解説