赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?

赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の目的

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診の目的
子供の発育や発達、栄養状態などを確認し、見過ごされがちな疾患や障害を早期に発見しサポートするため、乳幼児の成長に合わせて3歳頃までに何度か行われるのが乳幼児健診です。このうち、任意健診として生後9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんを対象に行われるのが「生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診」です

この時期の赤ちゃんは好奇心が高まり何でも口に入れたり、知能が発達し大人の真似をしたりします。また、運動も活発になり、ハイハイやつたい歩きができるようにもなります。そのため、人やおもちゃなどにきちんと関心を示すか、視線が合うか、ハイハイやつかまり立ちの兆候が見られるかなどを確認する目的で実施されます。また、離乳食が2〜3回食になる時期でもあるので、内容の確認や歯磨きの指導なども行われます。

赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後7~8ヶ月といわれますが、赤ちゃんによってかなり個人差があります。「うちの子はなかなかはいはいしない!大丈夫?」と心配するパパママに、赤ちゃんがハイハイをする理由やしない赤ちゃんについてなど、ハイハイについての基礎知識をご紹介します。
つかまり立ちはいつできるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介
つかまり立ちはいつできるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介
つかまり立ちは赤ちゃんが歩くようになるまでのステップとして、成長の目安になります。ただ、つかまり立ちをするようになれば、転倒の危険があるので安全対策をしておきたいですね。赤ちゃんがなかなかつかまり立ちをしないので心配…というパパママのために、練習方法もご紹介します。
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんはどのくらい成長するの? 平均身長や体重、授乳と離乳食の回数、睡眠の特徴などをチェックしてみましょう! 生後9ヶ月の赤ちゃんと一緒にパパママも楽しめるおすすめの遊び方を紹介するので、ぜひやってみてくださいね。
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
少しずつ行動範囲が広がり始める生後10ヶ月の赤ちゃん。体重や身長はどのくらいになるのでしょうか? 気になる発達の特徴やお世話のポイント、遊び方などを紹介します。たくさんコミュニケーションをとって赤ちゃんとの楽しい生活を満喫しましょう。

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診はいつまでに受ければ良い?

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診はいつまでに受ければ良い?
・受診期間
多くは生後10ヶ月までに受診するようになっていますが、期間外でも受け付けてくれるところもあります。

・費用
自費で支払う自治体と、無料(または一部助成)の自治体があります。

・診察場所
保健センターや小児科などで行います。

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診の受診期間や費用、場所はそれぞれの自治体で異なります。かかりつけの小児科で定期的に子供を診てもらっているから、任意である生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診は受ける必要がないと思うパパママもいるかもしれません。

しかし、小児科と自治体が子供の受診情報を共有しているとはかぎりません。そのため生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診を受けない家庭だと、自治体が子供の健康状態を把握するために電話をかけてきたりや家庭訪問などを行ったりすることがあります。

場合によっては虐待や児童手当の不正受給を疑われることも。生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診は専門の小児科医や看護師、栄養士、保健師などに子育ての悩みを相談できる機会でもありますので、きちんと受けるようにしましょう

児童手当(子ども手当)って何? 月にいくら、子供が何歳になるまでもらえる? 所得制限はある?
児童手当(子ども手当)って何? 月にいくら、子供が何歳になるまでもらえる? 所得制限はある?
児童手当は0歳~中学生までの子供を支援するための補助金で、子供の年齢やパパママの年収による所得制限があります。子供のいる世帯のパパママはすでに支給を受けていると思いますが、制度の概要、申請方法、年収ごと支給金額、支払日など児童手当の詳細についてご紹介します。
子供のネグレクトの現実。原因から見るネグレクトへの対処方法について
子供のネグレクトの現実。原因から見るネグレクトへの対処方法について
子供の面倒を見るのが辛くなる時や、強く叱りすぎてしまった時など、「これってもしかしてネグレクト?」と自分を責めてしまうことありませんか?ここでは、ネグレクトの現状やネグレクトをしてしまう原因、そして身近な事例と対処法についてご紹介したいと思います。

生後9ヶ月健診・10ヶ月健診の内容と検査項目

生後9ヶ月健診・10ヶ月健診の内容と検査項目
生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診では、下記のような身体面、精神面、言語面の発育・発達などを検査・確認します

  • 病気や障害の早期発見
  • 身体面、精神面、運動面での発達確認
  • 就寝、食事時間などが規則正しいかの確認
  • 乳歯の有無
  • 予防接種の進行具合
  • 離乳食の進行具合

【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
赤ちゃんはいつから予防接種を受けられるのでしょうか。まだ抵抗力が弱い赤ちゃんは予防接種をすることで感染症から身を守ることになります。ママは赤ちゃんの予防接種のスケジュールをたてることになりますね。今回は予防接種の中でも定期接種にしぼってみていきます。
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容:問診表に沿った聞き取り

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診では、おもに次の項目を聞かれます。

  • 授乳や食事、排泄の回数
  • ハイハイをするか
  • 物につかまらせるとしばらく立っていられるか
  • 後追いをするか
  • 周囲の動作をまねることがあるか
  • 注意をすると親の顔を見るか
  • 親の向いた方や指さした方向を見るか
  • 「いないいないばあ」をすると喜ぶか
  • 好きな遊びは何か
  • 手足の動きで気になることがあるか
  • 目の動きで気になることがあるか
  • これまでにかかった大きな病気はあるか
  • 今までに受けた予防接種

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの成長に欠かせない栄養を届ける授乳ですが、赤ちゃんがきちんと飲めているのか考え出すときりがありません。少しでも授乳に関する不安を解消すべく、月齢別の授乳間隔とよくあるトラブルと対処法をご紹介したいと思います。授乳を楽しむコツも紹介しているので見ていきましょう。
赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?
赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?
寝返りを覚えた赤ちゃんが、近頃手足をバタバタもじもじ。もしかしたら「ずりばい」をし始めているのかしれません。本記事では、赤ちゃんがずりばいをするようになる時期や「ハイハイ」との違いを紹介します。ずりばいが早い・遅いといったママ達の気になるポイントも解説!
赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 理由や注意点・対処法を紹介!
赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 理由や注意点・対処法を紹介!
赤ちゃんの後追いが始まると、トイレもゆっくりできない…家事も思うように進まない…などママがストレスに感じることもありますよね。赤ちゃんが後追いする理由や、いつからいつまで続くのか、後追いの対処法などをご紹介します。

9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容:身長・体重などの身体測定

身体測定では、赤ちゃんの身長と体重の他、頭囲や胸囲を測定します。生後9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんは、背中や脚をまっすぐ伸ばせるようになるため、より正確に身長を測定できるようになります。身長や体重の増加は、離乳食での栄養がきちんと足りているかの判断材料としてもつかいます。ただし赤ちゃんの身長や体重が発育値の範囲内であれば、順調に発育していると考えて問題ありません。

男の子の発育範囲 女の子の発育範囲
身長 体重 身長 体重
9ヶ月 67.4〜76.2cm 7.16〜10.37kg 65.5〜74.5cm 6.71〜9.85kg
10ヶ月 68.4〜77.4cm 7.34〜10.59kg 66.5〜75.6cm 6.86〜10.06kg

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんがちゃんと成長しているのか、どの家庭のパパママも気になるでしょう。そんなときベビースケールがあれば、赤ちゃんの体重を日々測ることができます。ベビースケールを使ったママたちの体験談、おすすめのベビースケールやレンタルでの利用について紹介します。

9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容:発達検査

発達検査
生後9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんは運動発達に個人差があり、この時期にハイハイやつかまり立ちをしないことも少なくありません。もし生後9ヶ月・生後10ヶ月健診時にできなくても、問題なく育っていく赤ちゃんがほとんどです。焦らずに成長を見守ってくださいね。

9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容:身体面の確認

・ハイハイをするか
赤ちゃんのハイハイをする姿勢で、首や背中、腰、手足の運動機能がどこまで発達しているかを確認します。

・つかまり立ちをするか
身体のバランスや、足の筋肉の発達具合を確認します。

・パラシュート反応があるか
「パラシュート反応」と呼ばれる、赤ちゃん特有の反射神経を確認します。赤ちゃんの両脇を抱えたままうつ伏せにさせ、頭から落ちるようなかたちで前に傾けると、両手を前に出して身体を支えようとするかを診ます。このパラシュート反射があることで、転んだときでもとっさに手をつき、身体を守ることができます。

・物をつかめるか
指先まで神経が発達しているかを確認します。また積み木をつまめるかなどのテストをすることもあります。

9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容:精神面の確認

パパママの言葉や動作をまねるか、一人で声を出し機嫌よく遊ぶか、人見知りをするかなどで、総合的に精神面の発達を診ます。動作のまねは個人差が大きく、できない赤ちゃんもいます。

9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容:言語面の確認

「パパ」「ママ」など、意味なく言葉を真似ることがあるか、「マンマ」などの喃語を話すかなどで、言語発達を診ます。

赤ちゃんが喃語を話すのはいつからいつまで? クーイングとの違いや喃語が出ないときの関わり方を紹介
赤ちゃんが喃語を話すのはいつからいつまで? クーイングとの違いや喃語が出ないときの関わり方を紹介
生後5ヶ月ころの赤ちゃんが泣き声や言葉とは違うかわいい声を発し始めたら、それが「喃語」です。喃語とクーイングの違いについて、喃語が出ないときの赤ちゃんとの関わり方をお伝えします!
赤ちゃんが言葉を理解して話すのはいつ頃から? 月齢別の発達目安を解説
赤ちゃんが言葉を理解して話すのはいつ頃から? 月齢別の発達目安を解説
「あー」「うー」と赤ちゃんがしゃべる声はとってもかわいくて、癒されますよね。この喃語はいつ頃から「言葉」に変わっていくのでしょうか。赤ちゃんの言葉の発達と、言葉を伸ばすコミュニケーションのポイントを紹介していきます。
ウチの子供は言葉が遅い? 言葉が遅い子の特徴と言葉を引き出すトレーニング方法
ウチの子供は言葉が遅い? 言葉が遅い子の特徴と言葉を引き出すトレーニング方法
「うちの子供は言葉が遅いかも」と言葉の発達に悩むママは少なくありません。同年代のおともだちが上手におしゃべりしていると、どうしても心配になりますよね。言葉が遅い原因や、「言葉が遅れていた子供がどう成長したか」先輩ママの体験談も紹介します。

9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容:歯磨きや離乳食の指導

歯磨きや離乳食の指導
生後9ヶ月や10ヶ月の赤ちゃんは、乳歯が何本か生え、2〜3回食になる時期でもあります。離乳食が順調に進んでいるか、1日にどれくらい母乳やミルクを与えているかなどを確認し、場合によっては母乳やミルクの量を減らして離乳食の量を増やすなどの指導も行います。

【歯科医監修】赤ちゃんの歯磨きはいつから始めた? 虫歯を作らない歯磨きのポイント
【歯科医監修】赤ちゃんの歯磨きはいつから始めた? 虫歯を作らない歯磨きのポイント
赤ちゃんの歯磨きは歯が生え始める生後6ヶ月頃からとされています。歯茎から乳歯が見えだしたら、早い段階で歯磨きに慣れさせる練習をはじめましょう。正しい習慣づけや虫歯ゼロを目指す歯磨きのポイントと、赤ちゃんの歯磨きについてのママたちのお悩みに歯科医師がお応えします。
【歯科医監修】赤ちゃんに使う歯磨き粉のおすすめは? いつから必要? フッ素などの成分も知っておこう!
【歯科医監修】赤ちゃんに使う歯磨き粉のおすすめは? いつから必要? フッ素などの成分も知っておこう!
赤ちゃんの歯が生え始めたら歯磨きの練習をはじめますよね。赤ちゃんの歯が生えそろってきたら、そろそろ歯磨き粉を使った方が良いのかな? と思うパパママもいるでしょう。赤ちゃんの歯磨きではいつから歯磨き粉が必要なのか、どんな歯磨き粉を選べば良いのかなどを歯科医師が解説します。
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。

希望者は個別相談もできる

赤ちゃんの発達や育児の悩みなどについて小児科医に個別に相談することができます。栄養士や保健師、歯科衛生士が揃っていることもあるので、乳歯や離乳食の内容など、疑問や相談したいことがあれば聞いてみましょう。

生後9ヶ月健診・10ヶ月健診で要観察・再検査になる基準は?

要観察・再検査になる基準は?
パラシュート反射がみられないので要観察になることや、つかまり立ちができずに再検査になることがある一方、寝返りやハイハイ、つかまり立ちの三つができなくても要観察にならないケースもあります。このように、担当する医師や赤ちゃんによって判断基準は大きく異なります。発達の遅れや疾病、障害などは、早い段階で適切な対処をとることで改善されることがあるため、医師や保健師は各項目を厳しくチェックすることがあり「再検査=問題がある」とは限りません。また普段と異なる刺激を与えることで、赤ちゃんの成長が促されることもあります。必要以上に不安になることはありませんが、どうしても心配だったり検査結果に疑問だったりする場合は、セカンドオピニオンを受ける選択肢もあります。

先輩ママたちの健診体験談

・問診票で、ハイハイやつかまり立ちなど、「する」にチェックできる項目がほとんどなかった我が子。要観察を覚悟していたけれど、特に何も言われませんでした。

・運動の発達が遅れているため、今までの乳児健診で2回ひっかかってしまいました。けれど普段は遊びも上手で表情も豊か。精神面での発達が順調なら、大きな障がいの可能性は低いと医師からは言われています。それに健診でひっかかると丁寧に診てもらえるので、かえってラッキーかな?と前向きにとらえています。

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診を受ける前の準備

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診を受ける前の準備
母子手帳の「保護者の記録 / 9〜10ヶ月頃」のページに質問項目があります。自治体から送付される問診票と一緒に前もって記入しておきましょう。

赤ちゃんの普段の様子をメモしておく

健診時間は限られています。また、赤ちゃんがぐずってしまうこともあるため、聞きたいことや相談したいことをあらかじめメモしておき、質問内容に優先順位をつけておくとスムーズに質問できますよ。

当日の服装

当日の服装
当日は、体重測定や問診などで、赤ちゃんの衣服を脱がさなければなりません。前開きの肌着とカバーオールを重ね着にすれば、一度に脱がせることができるのでおすすめです。またボタンはスナップ式だと、よりスムーズに着脱できますよ。その他にも、赤ちゃんが衣服を汚してもいいように着替えは一式持っていくようにしましょう。ママが授乳する場合は、赤ちゃんにおっぱいをあげやすい洋服を選ぶようにしてくださいね。

持ち物・あると便利なもの

  • 母子手帳
  • 問診票と乳児健診券
  • おむつ複数枚
  • おしり拭き、おむつを入れるビニール袋
  • 着替え
  • タオルやガーゼ
  • 調乳用のミルク、または授乳ケープ
  • 水やお茶
  • 育児日記や、質問したいことのメモ

※その他にも赤ちゃんの機嫌が悪くなったときにあやせるように、お気に入りのおもちゃやおかしがあると安心です

母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳をもらうことは、妊婦さんにとって大きなステップとなります。母子手帳が手元にくることで改めて妊娠したことを実感する人もいるでしょう。今回は母子手帳はいつ、どこでもらえるのか、などを詳しく見ていきましょう。
赤ちゃんにはいつから麦茶を飲ませていいの? 大人用でもOK?
赤ちゃんにはいつから麦茶を飲ませていいの? 大人用でもOK?
暑い季節なってくると、赤ちゃんの水分不足が心配になりますよね。「麦茶もあげたほうが良いかな?」と思うものの、そもそも飲ませても大丈夫なのか悩むママも多いのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんに麦茶をあげるときの注意点やポイントを紹介します。
育児日記、育児アプリって何? 選び方のポイントやおすすめの育児日記、アプリ9選!
育児日記、育児アプリって何? 選び方のポイントやおすすめの育児日記、アプリ9選!
育児日記や育児アプリがおすすめなのは「子供が初めてハイハイをしたのはいつだっけ?」、「初めて歩いたのは?」などの記録が残せること。育児をはじめるとあっという間に時間が過ぎてしまうので育児日記や育児アプリで子育ての思い出を残してみませんか?
赤ちゃんのカバーオールとは? ロンパースとの違いやおすすめ10選を紹介
赤ちゃんのカバーオールとは? ロンパースとの違いやおすすめ10選を紹介
体温調節ができない赤ちゃんには肌着やベビー服で調整してあげる必要がありますよね。カバーオールの形は、赤ちゃんを保温するのにぴったりで、基本のベビー服です。選び方やおしゃれなデザインや着ぐるみデザインのカバーオールなどのおすすめ商品などをご紹介します。

まとめ

日々めまぐるしい早さで成長している赤ちゃん。昨日できなかったことが今日にはできるようになるなど、その成長に嬉しくなりますよね。一方で、「この行動は正常なのかな?」「うちの子は大丈夫なのかな?」など、不安なことも出てくるものです。生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診は赤ちゃんの発達に関して何気ない疑問から心配なことまで、医師たちに相談できるいい機会です。また育児に関する不安や悩みなども相談できますので、ぜひ受けてくださいね。

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、産まれたばかりの赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょう。平均的な成長をしているのかが気になるパパママもいるでしょう。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長やお世話の特徴、発熱や肌トラブルへの対応方法などもご紹介します。
赤ちゃん1ヶ月健診の目的は? どんな検査をするの? 持ち物や費用、保険証などママの疑問点を解説
赤ちゃん1ヶ月健診の目的は? どんな検査をするの? 持ち物や費用、保険証などママの疑問点を解説
新生児だった赤ちゃんも成長し遂に1ヶ月健診です。1ヶ月健診はどんな目的でおこなわれるのか、赤ちゃんとママの何をチェック、検査するのかご紹介します。また、1ヶ月健診で気にある費用や持ち物、保険証が間に合わない場合などの疑問点も解消していきます。
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診は、生後1ヶ月健診では見つけることができなかった病気や発達の遅れを見つけるきっかけになります。体重の増加・視力など、早期発見で良くなる症状もありますよ。生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診の診察内容をご紹介します。
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。
6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
自治体によって6ヶ月健診・7ヶ月健診を受けるように通知が来るところもあります。お医者さんに赤ちゃんの発達、健康状態を診てもらうことができ、育児の相談をすることもできますよ。6ヶ月健診・7ヶ月健診でチェックされるポイントをご紹介します。
赤ちゃんの1歳児健診は必要? 有料? 受診は義務? 検査内容は? 小児科でも受診できる?
赤ちゃんの1歳児健診は必要? 有料? 受診は義務? 検査内容は? 小児科でも受診できる?
赤ちゃんの「1歳児健診」の案内をもらったけれど絶対に受診しないといけないの? 有料、無料? どんな検査があり、何を持っていけばいい? 1歳の予防接種と同時に小児科で受けられる? など、1歳児健診に関係するパパママの疑問にお答えします。
1歳6ヶ月~2歳の子供をもつママの悩み事を解決!1歳半健診、言葉、体重など成長の心配まで
1歳6ヶ月~2歳の子供をもつママの悩み事を解決!1歳半健診、言葉、体重など成長の心配まで
1歳6ヶ月になるとすでに歩いている子供もいるでしょう。ママは成長が楽しみになる頃ではないでしょうか。一方で子供の言葉の出方、体重など気になることもあるでしょう。今回は1歳6ヶ月~2歳の子供をもつママたちのお悩みを解決するヒントを探っていきます。
3歳児健診は何をするの? 行くべき理由と健診内容を紹介
3歳児健診は何をするの? 行くべき理由と健診内容を紹介
自治体から3歳児健診の案内が来ると、我が子は健康だけど健診に行かなければいけないの? と思うパパママもいるでしょう。3歳児健診では、子供の健康や発達の状況を専門家の先生に診てもらえたり、育児の悩みを相談できる良い機会です。3歳児健診の内容や目的をご紹介するので、参考にしてみてくださいね!
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!