赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?

赤ちゃんの生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診の目的

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診の目的
子供の発育や発達、栄養状態などを確認し、見過ごされがちな疾患や障害を早期に発見しサポートするため、乳幼児の成長に合わせて3歳頃までに何度か行われるのが乳幼児健診です。このうち、任意健診として生後9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんを対象に行われるのが「生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診」です

この時期の赤ちゃんは好奇心が高まり何でも口に入れたり、知能が発達し大人の真似をしたりします。また、運動も活発になり、ハイハイやつたい歩きができるようにもなります。そのため、人やおもちゃなどにきちんと関心を示すか、視線が合うか、ハイハイやつかまり立ちの兆候が見られるかなどを確認する目的で実施されます。また、離乳食が2〜3回食になる時期でもあるので、内容の確認や歯磨きの指導なども行われます。

関連記事

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの歯磨きはいつから始めた? 虫歯を作らない歯磨きのポイント
赤ちゃんに使う歯磨き粉のおすすめは? いつから必要? フッ素などの成分も知っておこう!

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診はいつまでに受ければ良い?

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診はいつまでに受ければ良い?
・受診期間
多くは生後10ヶ月までに受診するようになっていますが、期間外でも受け付けてくれるところもあります。

・費用
自費で支払う自治体と、無料(または一部助成)の自治体があります。

・診察場所
保健センターや小児科などで行います。

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診の受診期間や費用、場所はそれぞれの自治体で異なります。かかりつけの小児科で定期的に子供を診てもらっているから、任意である生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診は受ける必要がないと思うパパママもいるかもしれません。

しかし、小児科と自治体が子供の受診情報を共有しているとはかぎりません。そのため生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診を受けない家庭だと、自治体が子供の健康状態を把握するために電話をかけてきたりや家庭訪問などを行ったりすることがあります。

場合によっては虐待や児童手当の不正受給を疑われることも。生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診は専門の小児科医や看護師、栄養士、保健師などに子育ての悩みを相談できる機会でもありますので、きちんと受けるようにしましょう

関連記事

児童手当(子ども手当)って何? 2019年から年収による所得制限が厳しくなるって本当?
子供のネグレクトの現実。原因から見るネグレクトへの対処方法について

生後9ヶ月健診・10ヶ月健診の内容と検査項目

生後9ヶ月健診・10ヶ月健診の内容と検査項目
生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診では、下記のような身体面、精神面、言語面の発育・発達などを検査・確認します

  • 病気や障害の早期発見
  • 身体面、精神面、運動面での発達確認
  • 就寝、食事時間などが規則正しいかの確認
  • 乳歯の有無
  • 予防接種の進行具合
  • 離乳食の進行具合

関連記事

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めた? 虫歯を作らない歯磨きのポイント
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!

問診表に沿った聞き取り

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診では、おもに次の項目を聞かれます。

  • 授乳や食事、排泄の回数
  • ハイハイをするか
  • 物につかまらせるとしばらく立っていられるか
  • 後追いをするか
  • 周囲の動作をまねることがあるか
  • 注意をすると親の顔を見るか
  • 親の向いた方や指さした方向を見るか
  • 「いないいないばあ」をすると喜ぶか
  • 好きな遊びは何か
  • 手足の動きで気になることがあるか
  • 目の動きで気になることがあるか
  • これまでにかかった大きな病気はあるか
  • 今までに受けた予防接種

関連記事

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?

身長・体重などの身体測定

身体測定では、赤ちゃんの身長と体重の他、頭囲や胸囲を測定します。生後9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんは、背中や脚をまっすぐ伸ばせるようになるため、より正確に身長を測定できるようになります。身長や体重の増加は、離乳食での栄養がきちんと足りているかの判断材料としてもつかいます。ただし赤ちゃんの身長や体重が発育値の範囲内であれば、順調に発育していると考えて問題ありません。

男の子の発育範囲 女の子の発育範囲
身長 体重 身長 体重
9ヶ月 67.4〜76.2cm 7.16〜10.37kg 65.5〜74.5cm 6.71〜9.85kg
10ヶ月 68.4〜77.4cm 7.34〜10.59kg 66.5〜75.6cm 6.86〜10.06kg

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

発達検査

発達検査
生後9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんは運動発達に個人差があり、この時期にハイハイやつかまり立ちをしないことも少なくありません。もし生後9ヶ月・生後10ヶ月健診時にできなくても、問題なく育っていく赤ちゃんがほとんどです。焦らずに成長を見守ってくださいね。

身体面

・ハイハイをするか
赤ちゃんのハイハイをする姿勢で、首や背中、腰、手足の運動機能がどこまで発達しているかを確認します。

・つかまり立ちをするか
身体のバランスや、足の筋肉の発達具合を確認します。

・パラシュート反応があるか
「パラシュート反応」と呼ばれる、赤ちゃん特有の反射神経を確認します。赤ちゃんの両脇を抱えたままうつ伏せにさせ、頭から落ちるようなかたちで前に傾けると、両手を前に出して身体を支えようとするかを診ます。このパラシュート反射があることで、転んだときでもとっさに手をつき、身体を守ることができます。

・物をつかめるか
指先まで神経が発達しているかを確認します。また積み木をつまめるかなどのテストをすることもあります。

精神面

パパママの言葉や動作をまねるか、一人で声を出し機嫌よく遊ぶか、人見知りをするかなどで、総合的に精神面の発達を診ます。動作のまねは個人差が大きく、できない赤ちゃんもいます。

言語面

「パパ」「ママ」など、意味なく言葉を真似ることがあるか、「マンマ」などの喃語を話すかなどで、言語発達を診ます。

関連記事

ウチの子供は言葉が遅い? 言葉が遅い子の特徴と言葉を引き出すトレーニング方法

歯磨きや離乳食の指導

歯磨きや離乳食の指導
生後9ヶ月や10ヶ月の赤ちゃんは、乳歯が何本か生え、2〜3回食になる時期でもあります。離乳食が順調に進んでいるか、1日にどれくらい母乳やミルクを与えているかなどを確認し、場合によっては母乳やミルクの量を減らして離乳食の量を増やすなどの指導も行います。

関連記事

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めた? 虫歯を作らない歯磨きのポイント
離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!

希望者は個別相談ができる

赤ちゃんの発達や育児の悩みなどについて小児科医に個別に相談することができます。栄養士や保健師、歯科衛生士が揃っていることもあるので、乳歯や離乳食の内容など、疑問や相談したいことがあれば聞いてみましょう。

生後9ヶ月健診・10ヶ月健診で要観察・再検査になる基準は?

要観察・再検査になる基準は?
パラシュート反射がみられないので要観察になることや、つかまり立ちができずに再検査になることがある一方、寝返りやハイハイ、つかまり立ちの三つができなくても要観察にならないケースもあります。このように、担当する医師や赤ちゃんによって判断基準は大きく異なります。発達の遅れや疾病、障害などは、早い段階で適切な対処をとることで改善されることがあるため、医師や保健師は各項目を厳しくチェックすることがあり「再検査=問題がある」とは限りません。また普段と異なる刺激を与えることで、赤ちゃんの成長が促されることもあります。必要以上に不安になることはありませんが、どうしても心配だったり検査結果に疑問だったりする場合は、セカンドオピニオンを受ける選択肢もあります。

先輩ママたちの健診体験談

・問診票で、ハイハイやつかまり立ちなど、「する」にチェックできる項目がほとんどなかった我が子。要観察を覚悟していたけれど、特に何も言われませんでした。

・運動の発達が遅れているため、今までの乳児健診で2回ひっかかってしまいました。けれど普段は遊びも上手で表情も豊か。精神面での発達が順調なら、大きな障がいの可能性は低いと医師からは言われています。それに健診でひっかかると丁寧に診てもらえるので、かえってラッキーかな?と前向きにとらえています。

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診を受ける前の準備

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診を受ける前の準備
母子手帳の「保護者の記録 / 9〜10ヶ月頃」のページに質問項目があります。自治体から送付される問診票と一緒に前もって記入しておきましょう。

赤ちゃんの普段の様子をメモしておく

健診時間は限られています。また、赤ちゃんがぐずってしまうこともあるため、聞きたいことや相談したいことをあらかじめメモしておき、質問内容に優先順位をつけておくとスムーズに質問できますよ。

当日の服装

当日の服装
当日は、体重測定や問診などで、赤ちゃんの衣服を脱がさなければなりません。前開きの肌着とカバーオールを重ね着にすれば、一度に脱がせることができるのでおすすめです。またボタンはスナップ式だと、よりスムーズに着脱できますよ。その他にも、赤ちゃんが衣服を汚してもいいように着替えは一式持っていくようにしましょう。ママが授乳する場合は、赤ちゃんにおっぱいをあげやすい洋服を選ぶようにしてくださいね。

持ち物・あると便利なもの

  • 母子手帳
  • 問診票と乳児健診券
  • おむつ複数枚
  • おしり拭き、おむつを入れるビニール袋
  • 着替え
  • タオルやガーゼ
  • 調乳用のミルク、または授乳ケープ
  • 水やお茶
  • 育児日記や、質問したいことのメモ

※その他にも赤ちゃんの機嫌が悪くなったときにあやせるように、お気に入りのおもちゃやおかしがあると安心です

関連記事

母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
赤ちゃんにはいつから麦茶を飲ませていいの? 大人用でもOK?
育児日記、育児アプリって何? 選び方のポイントやおすすめの育児日記、アプリ10選!

まとめ

日々めまぐるしい早さで成長している赤ちゃん。昨日できなかったことが今日にはできるようになるなど、その成長に嬉しくなりますよね。一方で、「この行動は正常なのかな?」「うちの子は大丈夫なのかな?」など、不安なことも出てくるものです。生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診は赤ちゃんの発達に関して何気ない疑問から心配なことまで、医師たちに相談できるいい機会です。また育児に関する不安や悩みなども相談できますので、ぜひ受けてくださいね。

関連記事

1歳6ヶ月~2歳の子供をもつママの悩み事を解決!1歳6ヶ月健診、言葉、体重など成長の心配まで
3歳児健診は何をするの? 行くべき理由と健診内容を紹介