赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?

赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の目的

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診の目的
子供の発育や発達、栄養状態などを確認し、見過ごされがちな疾患や障害を早期に発見しサポートするため、乳幼児の成長に合わせて3歳頃までに何度か行われるのが乳幼児健診です。このうち、任意健診として生後9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんを対象に行われるのが「生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診」です

この時期の赤ちゃんは好奇心が高まり何でも口に入れたり、知能が発達し大人の真似をしたりします。また、運動も活発になり、ハイハイやつたい歩きができるようにもなります。そのため、人やおもちゃなどにきちんと関心を示すか、視線が合うか、ハイハイやつかまり立ちの兆候が見られるかなどを確認する目的で実施されます。また、離乳食が2〜3回食になる時期でもあるので、内容の確認や歯磨きの指導なども行われます。

赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後7~8ヶ月といわれますが、赤ちゃんによってかなり個人差があります。「うちの子はなかなかはいはいしない!大丈夫?」と心配するパパママに、赤ちゃんがハイハイをする理由やしない赤ちゃんについてなど、ハイハイについての基礎知識をご紹介します。
赤ちゃんはいつ、つかまり立ちができるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介
赤ちゃんはいつ、つかまり立ちができるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介
つかまり立ちは赤ちゃんが歩くようになるまでのステップとして、成長の目安になります。ただ、つかまり立ちをするようになれば、転倒の危険があるので安全対策をしておきたいですね。赤ちゃんがなかなかつかまり立ちをしないので心配…というパパママのために、練習方法もご紹介します。
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんはどのくらい成長するの? 平均身長や体重、授乳と離乳食の回数、睡眠の特徴などをチェックしてみましょう! 生後9ヶ月の赤ちゃんと一緒にパパママも楽しめるおすすめの遊び方を紹介するので、ぜひやってみてくださいね。
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
少しずつ行動範囲が広がり始める生後10ヶ月の赤ちゃん。体重や身長はどのくらいになるのでしょうか? 気になる発達の特徴やお世話のポイント、遊び方などを紹介します。たくさんコミュニケーションをとって赤ちゃんとの楽しい生活を満喫しましょう。

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診はいつまでに受ければ良い?

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診はいつまでに受ければ良い?
・受診期間
多くは生後10ヶ月までに受診するようになっていますが、期間外でも受け付けてくれるところもあります。

・費用
自費で支払う自治体と、無料(または一部助成)の自治体があります。

・診察場所
保健センターや小児科などで行います。

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診の受診期間や費用、場所はそれぞれの自治体で異なります。かかりつけの小児科で定期的に子供を診てもらっているから、任意である生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診は受ける必要がないと思うパパママもいるかもしれません。

しかし、小児科と自治体が子供の受診情報を共有しているとはかぎりません。そのため生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診を受けない家庭だと、自治体が子供の健康状態を把握するために電話をかけてきたりや家庭訪問などを行ったりすることがあります。

場合によっては虐待や児童手当の不正受給を疑われることも。生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診は専門の小児科医や看護師、栄養士、保健師などに子育ての悩みを相談できる機会でもありますので、きちんと受けるようにしましょう

児童手当って? 月にいくら、子供が何歳になるまでもらえる? 所得制限は? コロナウイルス対策で増額されるの?
児童手当って? 月にいくら、子供が何歳になるまでもらえる? 所得制限は? コロナウイルス対策で増額されるの?
児童手当は中学生までの子供を支援するための補助金で、子供の年齢や年収による所得制限があります。子供のいる世帯はすでに支給を受けていると思いますが、制度の概要、申請方法、年収ごと支給金額、支払日などをご紹介。コロナウイルス対策で児童手当が増額される可能性があることも追記しています。
子供のネグレクトの現実。原因から見るネグレクトへの対処方法について
子供のネグレクトの現実。原因から見るネグレクトへの対処方法について
子供の面倒を見るのが辛くなる時や、強く叱りすぎてしまった時など、「これってもしかしてネグレクト?」と自分を責めてしまうことありませんか?ここでは、ネグレクトの現状やネグレクトをしてしまう原因、そして身近な事例と対処法についてご紹介したいと思います。

生後9ヶ月健診・10ヶ月健診の内容と検査項目

生後9ヶ月健診・10ヶ月健診の内容と検査項目
生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診では、下記のような身体面、精神面、言語面の発育・発達などを検査・確認します

  • 病気や障害の早期発見
  • 身体面、精神面、運動面での発達確認
  • 就寝、食事時間などが規則正しいかの確認
  • 乳歯の有無
  • 予防接種の進行具合
  • 離乳食の進行具合

【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
赤ちゃんはいつから予防接種を受けられるのでしょうか。まだ抵抗力が弱い赤ちゃんは予防接種をすることで感染症から身を守ることになります。ママは赤ちゃんの予防接種のスケジュールをたてることになりますね。今回は予防接種の中でも定期接種にしぼってみていきます。
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容:問診表に沿った聞き取り

生後9ヶ月健診・生後10ヶ月健診では、おもに次の項目を聞かれます。

  • 授乳や食事、排泄の回数
  • ハイハイをするか
  • 物につかまらせるとしばらく立っていられるか
  • 後追いをするか
  • 周囲の動作をまねることがあるか
  • 注意をすると親の顔を見るか
  • 親の向いた方や指さした方向を見るか
  • 「いないいないばあ」をすると喜ぶか
  • 好きな遊びは何か
  • 手足の動きで気になることがあるか
  • 目の動きで気になることがあるか
  • これまでにかかった大きな病気はあるか
  • 今までに受けた予防接種

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの成長に欠かせない栄養を届ける授乳ですが、赤ちゃんがきちんと飲めているのか考え出すときりがありません。少しでも授乳に関する不安を解消すべく、月齢別の授乳間隔とよくあるトラブルと対処法をご紹介したいと思います。授乳を楽しむコツも紹介しているので見ていきましょう。
赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?
赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?
寝返りを覚えた赤ちゃんが、近頃手足をバタバタもじもじ。もしかしたら「ずりばい」をし始めているのかしれません。本記事では、赤ちゃんがずりばいをするようになる時期や「ハイハイ」との違いを紹介します。ずりばいが早い・遅いといったママ達の気になるポイントも解説!
赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 理由や注意点・対処法を紹介!
赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 理由や注意点・対処法を紹介!
赤ちゃんの後追いが始まると、トイレもゆっくりできない…家事も思うように進まない…などママがストレスに感じることもありますよね。赤ちゃんが後追いする理由や、いつからいつまで続くのか、後追いの対処法などをご紹介します。

9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容:身長・体重などの身体測定

男の子の発育範囲 女の子の発育範囲
身長 体重 身長 体重
9ヶ月 67.4〜76.2cm 7.16〜10.37kg 65.5〜74.5cm 6.71〜9.85kg
10ヶ月 68.4〜77.4cm 7.34〜10.59kg 66.5〜75.6cm 6.86〜10.06kg

身体測定では、赤ちゃんの身長と体重の他、頭囲や胸囲を測定します。生後9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんは、背中や脚をまっすぐ伸ばせるようになるため、より正確に身長を測定できるようになります。身長や体重の増加は、離乳食での栄養がきちんと足りているかの判断材料としてもつかいます。ただし赤ちゃんの身長や体重が発育値の範囲内であれば、順調に発育していると考えて問題ありません。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんがちゃんと成長しているのか、どの家庭のパパママも気になるでしょう。そんなときベビースケールがあれば、赤ちゃんの体重を日々測ることができます。ベビースケールを使ったママたちの体験談、おすすめのベビースケールやレンタルでの利用について紹介します。

次のページでは9ヶ月、10ヶ月健診の検査内容の続き、発達検査・離乳食指導でどんなことをやるのか、健診前に準備しておきたいことをご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!