赤ちゃんの「へその緒」どうする? 消毒・ケア方法と保管方法

そもそも「へその緒」とは

そもそも「へその緒」とは
へその緒とは、臍帯(さいたい)とも呼ばれており、赤ちゃんがママのお腹の中にいたときに赤ちゃんと胎盤をつないでいたものです。へその緒の中には、ママからの酸素や栄養を運んでいる1本の臍帯静脈と、赤ちゃんの二酸化炭素や老廃物を排出する2本の臍帯動脈が通っており、それぞれとても大事な役割を果たしています。

【消毒・ケア方法】へその緒が付いているとき

【消毒・ケア方法】へその緒が付いているとき
へその緒の消毒とケアは、基本的に1日1回沐浴の後に行います。用意するものは綿棒と消毒液。この2つを渡してくれる産院も多いかと思いますが、ケアを続けている途中で無くなってしまったら市販の消毒液(マキロンなど)を使用しても大丈夫です。

赤ちゃんのおへそのケア方法は、綿棒に消毒液を含ませてからへその緒をやさしく持ち上げ、綿棒を奥まで入れて根元をしっかり消毒します。へその緒は多少引っ張っても痛くないので、怖がらずにしっかりと持ち、根元まで消毒してくださいね。

関連記事

ベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
1人で赤ちゃんをお風呂入れられるのかが不安…お風呂に入れるときのコツを月齢別に紹介!

【消毒・ケア方法】へその緒が取れた後

【消毒・ケア方法】へその緒が取れた後
へその緒が取れた後のおへそ部分は、ばい菌に弱くなっているので、へその緒が付いているときと同じようにしばらくは消毒とケアをしていきましょう。汚れが付いている場合は、強くこすらずに水で濡らした綿棒でやさしくふき取ってあげてください。消毒が終わったらおへそに空気を当て、しっかり乾燥させましょう。おへそのケアはおへそがしっかり乾いたらやめますが、心配なママは1ヶ月検診で医師に診てもらってからケアをやめた方が安心ですね

赤ちゃんのへその緒はいつ取れる?

へその緒はいつ取れる?
赤ちゃんのへその緒が取れる時期は、だいたい生後1週間〜2週間前後になります。へその緒が取れる時期には個人差があるので、入院中に取れる赤ちゃんもいれば、3週間近くかかる赤ちゃんもいます。まだ赤ちゃんのへその緒が取れない…と心配しているママもいるかと思いますが、1ヶ月検診までには取れる場合が多いので、あまり心配しないでくださいね。

へその緒の保管方法

へその緒の保管方法
取れたへその緒は清潔なガーゼなどの上に置いて、しっかり乾燥させておきます。水分が残っているとカビが生える、虫がわくなどの原因となってしまうので、湿気の少ない場所に置いて乾燥させてくださいね。へその緒を触ってみてやわらかさがなく、カラカラに干からびたらOK。

後はへその緒ケースに入れ、湿気を避けて保管しましょう。へその緒ケースは、桐製のものが多く、防虫効果や湿気対策に優れているのでへその緒を保管するのに最適です。桐製の他にも、布製やプラスチック製のへその緒ケースもありますが、両方共、湿気でカビが生えやすいのであまりおすすめはできません。

産院によっては、へその緒ケースをプレゼントしてくれる場合がありますが、市販でも販売しているので好みのデザインを見つけても良いですよね。なかには、子供の名前や生年月日、出生時間、体重、身長、星座などを入れてもらえるタイプも販売しているので、チェックしてみてください。

赤ちゃんが産まれた記念に! 人気のへその緒ケース

へその緒ケースは、いろいろなデザインや形のものが販売しているので、どれにしようかママも迷ってしまいますよね。へその緒ケースには、赤ちゃんのへその緒を単体で保管するタイプや、産毛や乳歯、母子手帳などを一緒に保管できるタイプがあります。へその緒をどのように保管しておきたいか、考えてからへその緒ケースを選んでみましょう。

関連記事

母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説

Kouken「へその緒ケース」

通気性が良く、防虫効果が高い国産の桐製へその緒ケースは、職人がひとつひとつていねいに作っている人気商品となり、赤ちゃんの生まれた季節をデザインした四季タイプと、赤ちゃんの生まれた星座をデザインした星座タイプの2種類の中から選べるようになっています。

四季タイプは、花や鳥、雪などそれぞれイラストやカラーが異なる季節のデザインがされており、見る人をほんわり温かい気持ちにさせてくれます。星座タイプは、赤ちゃんの生まれた星座がイラストで描かれているので、ひと目で生まれた月が分かるようになっています。どちらも生年月日と名前(ローマ字・ひらがな・漢字)が刻印でき、オプションで裏面に身長、体重、出生時間を入れることができちゃいます。

ヨコイ社「へそのおちゃん」

へそのおちゃん

へそのおちゃん

2,640円(08/24 03:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

マトリョシカのような見た目がなんともかわいいへその緒ケースは、純国産の奥飛騨ナラの木を使用し、職人がひとつひとつロクロで手作りした商品になります。高さ10センチ、横6センチの手のひらサイズ。底部分からへその緒を入れて保管するタイプとなり、・乾燥剤・カット綿・ガーゼ・生地紙・名前シール・干支シール・袋の付属品付きです。

インテリアとしてお部屋に飾っておけるので、おしゃれなママにぴったりです。販売店によっては、おなか部分にローマ字で赤ちゃんの名前を。(漢字、ひらがな対応可。)裏面には漢字で名前と生年月日、出生時間、身長、体重、を入れることができますよ。

BE-GLAD(ビーグラッド)「メモリアルボックス(乳歯ケース・へその緒ケースセット)」

こちらのへその緒ケースは、乳歯と母子手帳などが一緒に収納できちゃうすぐれもの。高級桐天然木を使用し、すべすべの肌ざわりに軽くて美しい仕上がりの商品は、職人がひとつひとつていねいに作っています。内側のフタには、赤ちゃんの写真を貼れる木製フレーム付き。へその緒ケースには名前、出生時間、生年月日、体重、身長を書き込め、乳歯ケースには乳歯が抜けた日にちを書き込むことができちゃいます。縦20センチ、横11センチサイズの母子手帳であれば収納することができ、一緒にエコー写真や足輪も収納OKなので、赤ちゃんの成長をまとめて保管できますね。

関連記事

エコー写真の見方と保存方法 おすすめアルバムと手作りアイデアを大特集

へその緒Q&A

へその緒Q&A
ママにとって赤ちゃんのへその緒は未知の世界なので、まだまだ疑問もあるかと思います。そこで、へその緒に関する疑問にお答えしたいと思います。

なかなか取れない…引っ張ってもいい?

先ほども述べたように、赤ちゃんのへその緒がなかなか取れないとママも心配してしまいますよね。へその緒を引っ張って取ってもいいのか気になるところですが、無理やり引っ張ってしまうと傷がつき、出血してばい菌が入ってしまうので絶対に引っ張っぱらないようにしましょう。へその緒がなかなか取れないようであれば、1ヶ月検診のときに医師に相談してくださいね。

へその緒が取れた後のおへそが臭い

へその緒が取れた後におへそから臭いがする場合は、臍炎の可能性があります。臍炎とは、おへその傷からばい菌が入り、感染しておへそとそのまわりが赤くなって腫れてしまう病気のことです。症状が軽ければおへそを清潔に保つことで大丈夫な場合もありますが、臍炎を防ぐためにもおへそをしっかり洗って消毒し、きちんと乾燥させましょう。

じゅくじゅくが続いている…大丈夫?

それでもおへそのじゅくじゅくが続いている場合や、その他の症状(膿が出る、痛がる、出血する、腫れる、など。)が出た場合は、臍炎が悪化している可能性があります。このまま放っておくと膿を出したり、抗生物質を使用したりしなければならないので、早めに病院へ行って受診してください。

まとめ

へその緒はデリケートなので、毎日の消毒とケアが必要になってきます。最初はちょっぴり怖いかと思いますが、やさしくていねいにケアしていきましょう。へその緒が取れた後もきちんと消毒をし、清潔に保つことを忘れずに。へその緒は、ママと赤ちゃんの大事な絆です。お気に入りのへその緒ケースを見つけて、思い出と共に大切に保管しておいてくださいね。

関連記事

でべそはなぜできる? 赤ちゃんがでべそになる理由と対処法のまとめ
ママが厳選! 出産祝いで本当に嬉しかったプレゼント16選