赤ちゃんや新生児の平熱はどのぐらい? 赤ちゃんの月齢別・平熱と発熱の目安

赤ちゃんの平熱はどのくらい?

赤ちゃんの平熱はどのくらい?
0歳代の赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、平熱は大人と比べて0.5度ほど高いのが一般的です。体の成長が著しい生後1ヶ月くらいは特に高く平均で36.7~8度、3~4ヶ月経つと少しずつ下がり36.5~6度に落ち着きます。体温は個人差があるので37度が平熱の赤ちゃんがいるのも珍しいことではありません。平熱が高めか低めか、どのタイプの赤ちゃんか下記の表を参考にしてみてください。

乳児の平熱平均値表

乳児の月齢 各検温時間の体温
昼食前 就寝前
4~5日 36.70 36.71
1ヶ月 36.63 36.75
3~4ヶ月 36.47 36.41
6ヶ月 36.44 36.43
1~2歳 36.43 36.32

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、新生児の赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょうか? 生後1ヶ月は育児の悩みや不安も増えてくるころでもあります。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイント、母乳不足や発熱などの対応方法などもご紹介します。

赤ちゃんの体温の特徴

赤ちゃんの体温の特徴
小さな体は非常に繊細にできていて、ちょっとしたことで体温が上下します。安定するまでは赤ちゃんの体温調節に細心の注意を払ってあげましょう。

体温は寝起きや睡眠時は低い

ヒトの体温は1日の中でも多少変動していて規則性があります。午後夕方にかけて体温は上がり、夜になると下がるので眠くなります。眠りの深い夜間がもっとも低く、朝になり体温が上がり始めると目が覚めるというリズムで確立されています。

ところが0歳の赤ちゃんはこの体温リズムが整っていないので大人と同じような1日の規則的な変動がありません。赤ちゃんの体温の特徴は、泣いたり母乳やミルクを飲んだりすると上昇し眠くなると下がるといった、生活行動に影響を受けやすい点です。赤ちゃんが温かく感じるのは1日のほとんどを睡眠に費やし眠るために手足から熱を放出しているためで、眠りにつけば体温は下がり起きるまで低いものなのです。

赤ちゃんの体温は環境温度の影響を受けやすい

未熟な体温調節機能のために、赤ちゃんの体は「熱を失いやすく、熱がこもりやすい」という特徴を持っています。寒い季節に、冷えるよりは温かい方が良いと服を何枚も着せたり、暑い季節に冷房を長時間当てたりするのは返って赤ちゃんの体に良くありません。冬の温めすぎ、夏の冷やしすぎ、これにより体温も簡単に上下してしまいます。大人が心地良い環境温度が赤ちゃんにもちょうど良いので、パパママが快適な室内環境を作りましょう。

これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
赤ちゃんの服装は「大人より1枚薄着で」と言われるくらい大人と感覚が異なります。気温や季節によって変えようと言われても、結局どんな服装が良いのか難しいですよね。そこで、これさえ押さえておけば赤ちゃんの服装選びに困らないポイントを紹介します。

赤ちゃんの体温の正しい測り方

赤ちゃんの体温の正しい測り方
体温を測定する前に、測定に適した環境作りをします。食後や運動の後、外出から帰ってきた直後は体温が上昇しているので検温を避け、30分以上待ちましょう。検温するワキ下の汗や汚れを拭き取り清潔な状態にし、ワキ下の中心に体温計の感温部を下から押し上げるように測ります。以下、体温計の種類と特徴です。

体温計の種類 商品の種類 特徴
実測式体温計 水銀体温計や一部の電子体温計 測定する部分の温度を忠実に表示します。
ワキの検温で約10分かかります。正確な体温をはかるため長い測定時間を要します。
予測式体温計 電子体温計 検温初期の体温の温度変化を分析し、ワキの検温では約10分後の体温を予測します。実測式より数値の誤差はありますが、計測時間は約20秒とかなり短縮されました。
耳式体温計 電子体温計 鼓膜の温度を赤外線センサーで感知し測ります。1秒で完了するので乳幼児には最適の検温方法です。誤差は出やすいですが、およその値を確認できます。

ママと赤ちゃんが測りやすい方法が見つかったら、今度は赤ちゃんの正確な平熱を把握しましょう。検温の仕方と注意点です。

  • 一日一回一週間検温します。
  • 1歳までは1日の体温変動は大きくないので、食前や機嫌が良い決まった時間帯に測ります。
  • 赤ちゃんの平熱が、平均より高めか低めか覚えておきましょう。
  • 1歳になるまでの一年間で平熱が徐々に低くなるので、最初の3ヶ月は月に1~2回、その後は2、3ヶ月に一回の検温をするとより正確な平熱を知ることができます。

次のページでは、受診の目安や困ったときの相談先・準備しておくといいものを紹介します

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!